映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • メイトワン1920

    (原題:Matewan)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

時は1920年、ウエストヴァージニアにある小さな炭鉱町“メイトワン”の炭鉱夫たちは、炭鉱会社“ストーン・マウンテン”がイタリア移民を雇い続け労働者の給料値下げを言い出したことにより、リーダー格のセフェウス(ケン・ジェンキンズ)を中心にストライキを始めるが、会社側は土地の鉱夫たちの反感をよそに最薄給の黒人労働者を雇い入れる。そんな折、この町に組合組織の煽動者ジョー(クリス・クーパー)が姿を現わし、彼の、肌の色や出身に関係なく組合に入る権利がある、との主張の下、鉱夫たちは次第に結束を深めつつある。やがて会社側はヒッキー(ケヴィン・ダイ)とグリッグス(ゴードン・クラップ)というスト破りを雇い入れ、鉱夫達を虐げてゆく。そんな彼らに警察署長シド(デイヴィッド・ストラザーン)と市長キャベル(ジョシュ・モステル)は忠告を与えるが、2人は騒ぎをさらに大きなものにするよう命じられていた。裏切り者C・E・ライヴリー(ボブ・ガントン)の策略で窮地に立たされたジョーを、黒人労働者ヒュー・クローズ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)が彼への信頼から命を守ってやり、やがてそれを機に、争いを起こすまいと必死のジョーをよそに、労働者とスト破りたちとの間で血なまぐさい争いの火ぶたが切って落とされる。そして“メイトワン大虐殺”と呼ばれるそれは、鉱夫やスト破り、市長キャべル、そしてジョーら、多くの命を落としてゆくことになる。



■解説

1920年にアメリカの小さな炭鉱で実際に起きた事件を背景に、その時代のアメリカの暗黒面を浮き彫りにしてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーはアマー・ジャコブ・マリンとマーク・バルサム、ジェリー・シルヴァ、製作はペギー・ライスキーとマギー・レンジ、監督・脚本は「ベイビー・イッツ・ユー」のジョン・セイルズ、撮影はハスケル・ウェクスラー、音楽はメイソン・ダーリングが担当。出演はクリス・クーパージェームズ・アール・ジョーンズほか。

  • 1988年8月13日 より

  • 配給:PARCO
  • 製作国:アメリカ(1987)

■スタッフ

監督 ジョン・セイルズ (John Sayles)
脚本 ジョン・セイルズ (John Sayles)
製作総指揮 アマー・ジャコブ・マリン (Amir Jacob Marin) マーク・バルサム (Mark Balsam) ジェリー・シルヴァ (Jerry Silva)
製作 ペギー・ライスキー (Peggy Rajski) マギー・レンジ (Maggie Renzi)
撮影 ハスケル・ウェクスラー (Haskell Wexler)
音楽 メイソン・ダーリング (Mason Daring)
編集 ソニア・ポランスキー (Sonya Polonsky)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
クリス・クーパー (Chris Cooper)  Joe
ウィル・オールドハム (Will Oldham)  Danny
Jace Alexander (Jace Alexander)  Hillard
ケン・ジェンキンス (Ken Jenkins)  Sephus
ボブ・ガントン (Bob Gunton)  C.E.Lively
ケヴィン・タイ (Kevin Tighe)  Hickey
ゴードン・クラップ (Gordon Clapp)  Griggs
メアリー・マクドネル (Mary McDonnell)  Elma
ナンシー・メット (Nancy Mette)  Bridey_Mae
デヴィッド・ストラザーン (David Strathairn)  Sid
ジョシュ・モステル (Josh Mostel)  Cabell
ジェームズ・アール・ジョーンズ (James Earl Jones)  Few_Clothes

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!