映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ハウス・オブ・グッチ

  • PG-12
  • 公開中

グッチ一族の崩壊を招いたのは一人の女性だった

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

労働者階級の娘パトリツィアは、ある夜パーティでグッチ家の後継者の一人であるマウリツィオ・グッチと出会う。彼女はマウリツィオを魅了するが、マウリツィオの父親はパトリツィアとの交際に反対。マウリツィオは勘当されるが、パトリツィアの力添えもあり、叔父のアルドの後援を取り付けて経営に参加。父の死後は会社の株の半分を得る。しかしパトリツィアはそれだけに満足せず、アルドとその息子のパオロを経営から排除しようと画策する。



■解説

前作『最後の決闘裁判』も好評だった巨匠リドリー・スコット。本作は、ファッションブランドの元祖とも言えるGUCCI一族の崩壊を描く、実話を基にした作品だ。始まりは、創業者の孫であるマウリツィオとその妻となるパトリツィアの出会いから。当初は一族経営に興味がなかったマウリツィオだが、パトリツィアが後押し、ついにはグッチの社長に就任する。一族経営も3代目の時代になると結束は崩れ、パトリツィアの口出しを許すようになっていたのだ。しかしそれは思わぬ結果を生んでいく。スコット監督は本作を、ソープオペラのように戯画的で描き、長時間ながらまったく飽きさせずに描いている。また、レディー・ガガ演じるパトリツィアを単なる悪女ではなく、男社会や上流階級に切り込んでいくピカレスクロマンとして描いているのもいい。豪華な脇役陣も見もの。

  • 2022年1月14日 より 全国にて

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ(2021)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 リドリー・スコット
原作 サラ・ゲイ・フォーデン

■キャスト

俳優名 役名
レディー・ガガ 
アダム・ドライバー 
アル・パチーノ 
ジャレッド・レト 
ジェレミー・アイアンズ 
サルマ・ハエック 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!