映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ミッドナイト25時 殺しの訪問者

    (原題:Past Midnight)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ワシントン州の片田舎に住む、ソーシャル・ワーカーのローラ・マシューズ(ナターシャ・リチャードソン)のもとに、ひとりの男が現れた。彼、ベン・ジョーダン(ルトガー・ハウアー)は15年前に妊娠中の妻を殺害、刑期を終えたばかりだ。ベンの社会復帰に力を貸すことになったローラは、彼の人柄に触れていくうちに、彼が人殺しをするような男には思えなくなり、独自に調査を始める。一方ベンはローラと、彼女の同僚でかつて恋仲だったスティーヴ(クランシー・ブラウン)の計らいで精肉社会へ就職する。やがてベンとローラは結ばれるが、ローラが妊娠したころから2人の関係はおかしくなっていく。ある日、スティーヴが何者かに殺され、アリバイがないベンに容疑がかかる。彼が連行された後、ローラの部屋にベンの旧友タッド(ガイ・ボイド)がいた。彼こそがベンの妻、そしてスティーヴを殺した真犯人だったのだ。ローラは警察からかかってきた電話を利用してベンを乗せたパトカーを呼び戻すことに成功する。が、かけつけた警官たちはすぐにタッドに殺され、危機一髪のところ、ドアを蹴破ってベンが家に突入、その瞬間、ローラはタッドを射殺するのだった。



■解説

ソーシャル・ワーカーの女性が、自分が担当した服役者の男性と恋に落ちたことから起こるサスペンス・スリラー。監督は本作が長編デビューとなるテレビ出身のジャン・イライアスバーグ(女性)。製作はリサ・M・ハンセン、エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・ハーツバーグ、脚本はフランク・ノーウッド、撮影は「ドラッグストア・カウボーイ」のロバート・ヨーマン、音楽はスティーヴ・バーテクが担当。

  • 1992年6月20日 より

  • 配給:コムストック
  • 製作国:アメリカ(1991)

■スタッフ

監督 ジャン・イライアスバーグ (Jan Eliasberg)
脚本 フランク・ノーウッド (Frank Norwood)
製作総指揮 ポール・ハーツバーグ (Paul Hertzberg)
製作 リサ・M・ハンセン (Lisa M. Hansen)
撮影 ロバート・D・イェーマン (Robert D. Yeoman)
音楽 スティーヴ・バーテク (Steve Bartek)
編集 クリストファー・ラウズ (Christopher Rouse)
字幕 岡山徹 (Toru Okayama)

■キャスト

俳優名 役名
ルトガー・ハウアー (Rutger Hauer)  Ben_Jordan
ナターシャ・リチャードソン (Natasha Richardson)  Laura_Mathews
クランシー・ブラウン (Clancy Brown)  Steve_Lundy
ガイ・ボイド (Guy Boyd)  Todd_Canipe
Kibibi Monie (Kibibi Monie)  Dorothy_Coleman
トム・ライト (Tom Wright)  Lee_Samuels
ポール・ジアマッティ (Paul Giamatti)  Larry_Canipe

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!