映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • おもひでぽろぽろ

幼い頃を思い出し生き方を見つけてゆく物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

一九八二年夏。会社から10日間の休暇をもらったタエ子は姉のナナ子の亭主の実家である山形の片田舎・高瀬へ旅をする。東京生まれの東京育ちだったタエ子には、小学校5年生の時、田舎がなくてとてもさみしい思いをした記憶があった。それが姉の結婚によって自分にも田舎が持てたのだった。そんな旅の途中にふとそのころの数々の出来事を思い出すタエ子。そして、彼女は小学校5年生の自分を連れたまま高瀬に到着した。明け方に着いたタエ子を駅まで迎えに来ていたのは、親せきの青年トシオだった。年はタエ子より2歳下だったが、頼りになる好青年で、彼によってタエ子はいろんな田舎の表情を知る。そして自然と調和しながら生きている農家の人々の姿に、タエ子は地に足の着いた生活の魅力を発見するのだった。そんなある日、タエ子はトシオや姪で中学1年生のナオ子に、小学5年生の自分の話を聞かせる。



■解説

人生の節目を迎えた27歳の女性が小学校のころの自分を思い出しながら、田舎の人々と自然に触れ、自らの生き方を見つけていくまでを描く。岡本螢、刀根夕子原作の同名コミックの映画化で、「魔女の宅急便」の宮崎駿がプロデュース。脚本・監督は「火垂るの墓」の高畑勲。作画監督は「魔女の宅急便」の近藤喜文、近藤勝也、佐藤好春が共同でそれぞれ担当。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1991)
    • ジャンル:
    • アニメーション

■スタッフ

監督 高畑勲 (Isao Takahata)
脚本 高畑勲 (Isao Takahata)
原作 岡本螢 (オカモトホタル) 刀根夕子 (トネユウコ)
企画 山下辰巳 (ヤマシタタツミ) 尾形英夫 (オガタヒデオ) 斯波重治 (シバシゲハル)
製作 徳間康快 (トクマヤスヨシ) 佐々木芳雄 (ササキヨシオ) 磯邊律男 (イソベリツオ)
製作プロデューサー 宮崎駿 (Hayao Miyazaki) 原徹
プロデューサー 鈴木敏夫 (Toshio Suzuki)
制作 スタジオジブリ
作画監督 近藤喜文 (コンドウヨシフミ) 近藤勝也 (コンドウカツヤ) 佐藤好春 (サトウヨシハル)
撮影監督 白井久男 (シライヒサオ)
美術監督 男鹿和雄 (オジカカズオ)
音楽 星勝 (ホシカツ)
主題歌 都はるみ (ミヤコハルミ)
録音演出 浅梨なおこ
編集 瀬山武司
出演(声) 今井美樹 (イマイミキ) 本名陽子 (ホンナヨウコ) 柳葉敏郎 (Toshiro Yanagiba) 伊藤正博 (イトウマサヒロ) 寺田路恵 (テラダミチエ) 山下容莉枝 (ヤマシタヨリエ) 三野輪有紀 北川智絵 (キタガワ) 仙道孝子 (センドウタカコ) 後藤弘司 石川幸子 (イシカワユキコ) 渡辺昌子 (ワタナベマサコ) 伊藤シン (イトウシン) 飯塚雅弓 (Mayumi Iizuka) 押谷芽衣 小峰めぐみ (コミネメグミ) 滝沢幸代 (タキザワサチヨ) 石川匡 (イシカワタダシ) 増田裕生 (マスダ) 佐藤広純 (サトウ)
ハーモニー 高屋法子 (Noriko Takaya)
動画チェック 舘野仁美 (Hitomi Tateno) 中込利恵 (Rie Nakagome)
宣伝プロデューサー 徳山雅也 (Masaya Tokuyama)
仕上検査 木村郁代 (Ikuyo Kimura) 立山照代 (Teruyo Tateyama)
動画 藤村理枝 (Rie Fujimura)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!