映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ひばりのすべて

美空ひばりの芸能生活二十五周年を記念作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和四十六年七月三十一日、華やかな歓声に包まれた帝劇での芸能生活二十五周年記念リサイタル千秋楽。舞台からは懐かしい“東京キッド”“リンゴ追分”のメロディーが聞こえる。敗戦の焦土から生まれ、日本人の心をうるおしてくれたこの歌の中に美空ひばりのすべてがある。画面はこの日から三ケ月前に溯る。ショービジネスには休みもなく五月の連休は地方公演、テレビ出演、新曲吹込みと仕事が続く。そして一路四国へ。行先は松山、観音寺、高知など。四国から帰ると、前売券を買うファンの列が、売り出し一週間を前にして新宿コマを取り巻く。彼女の心は引きしまる。五月二十九日は、彼女の誕生日。盛大なパーティーも、彼女がつく祝餅で最高潮に達した。六月一日、新宿コマ特別公演の初日。客席は溢れるばかり。そのざわめきは、舞台裏の彼女にも伝わる。



■解説

「女の花道」同様美空ひばりの芸能生活二十五周年を記念しての人間ドキュメント。昭和四十六年五月の四国公演に始まり、六月の新宿コマ、七月の帝劇の両記念公演や彼女の私生活をカメラは追う。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1971)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー

■スタッフ

監督 井上梅次 (イノウエウメツグ)
脚本 井上梅次 (イノウエウメツグ)
製作 椎野英之 (シイノヒデユキ) 吉沢茂渡司 馬場和夫 (ババカズオ) 酒井肇 (サカイハジメ) 加藤喜美枝 (カトウキミエ)
撮影 奥村祐治 (オクムラユウジ) 中川健一 (ナカガワケンイチ) 片岡二郎 (カタオカジロウ) 岡崎宏三 (Kozo Okazaki)
音楽 佐々永治
録音 林正夫 (ハヤシマサオ) 磯崎倉之助 (イソザキクラノスケ)
照明 北沢保夫 (キタザワヤスオ)
編集 広瀬千鶴 (ヒロセチヅル)
助監督 市古聖智
スチール 松原義昭 (マツバラヨシアキ)
ナレーション 小林大輔 (コバヤシダイスケ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!