映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • リュミエール!

  • 近日公開

映画はここから始まった

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1895年12月28日、パリ。ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』などが世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした。1895年から1905年の10年間に製作された1422本より、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分。4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当。ひとつの時代、そこに生きる様ざまな人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界への旅に誘ってくれる。日本語版ナレーションは落語家・立川志らくが担当。(作品資料より)



■解説



  • 2017年10月28日 より 東京都写真美術館ホールほか全国にて順次公開

  • 配給:ギャガ
  • 製作国:フランス(2016)
    • ジャンル:
    • その他
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (関東で2館)

■スタッフ

監督・脚本・編集・プロデューサー ティエリー・フレモー
ナレーション ティエリー・フレモー
ナレーション(日本語版) 立川志らく

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!