映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • リュミエール!

  • 公開中

映画の原点である104作品、珠玉の映画たち

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1895年にルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフ。それは世界初の“映画”であった。彼らは10年間で1422本にものぼる映画を撮影している。本作では工場から帰宅する人々を描いた『工場の出口』、子どもにいたずらされた散水夫の姿をユーモラスに描く『水を撒かれた散水夫』、機関車が駅に到着する様子を描く『ラ・シオタ駅への列車の到着』など、映画の元祖である108本のシネマトグラフが紹介されている。



■解説

リュミエール兄弟による映画の発明から120年となる記念プロジェクトの一環として製作された本作。リヨンにあるリュミエール研究所の所長であり、カンヌ国際映画祭の総代表であるティエリー・フレモーが監督し、リュミエール兄弟の作品の中から厳選された108本のシネマトグラフが鮮明な4Kデジタル映像で収録されている。全長17メートル、幅35ミリメートルのフィルムは1本で約50秒と短いが、当時の世相や人びとの暮らしを雄弁に物語っている。ヨーロッパ各地や日本などでも撮影されているこれらの作品には、演出も施され、移動撮影やリメイクなどの数々の撮影技術が駆使されている。まさに今の映画の原点が収められた映画界の至宝とも言える作品群だ。

  • 2017年10月28日 より 東京都写真美術館ホールほか全国にて順次公開

  • 配給:ギャガ
  • 製作国:フランス(2016)
    • ジャンル:
    • その他
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (全国で5館)

■スタッフ

監督・脚本・編集・プロデューサー ティエリー・フレモー
ナレーション ティエリー・フレモー
ナレーション(日本語版) 立川志らく

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!