映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ベルーシ=ブルースの消えた夜

    (原題:Wired: The Laughes and Times of John Belushi)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ドラッグ中毒により死亡したジョン・ベルーシ(マイケル・チキリス)の魂は自分の死が信じられず、守護天使だと名乗るタクシー運転手姿のヴェラクルス(レイ・シャーキー)に導かれて、自身の過去を見に行く旅に出る。同じ頃、ワシントン・ポスト紙の記者ボブ・ウッドワード(J・T・ウォルシュ)もこの人気コメディアンの死に興味を抱き、取材を始める。こうして、彼が即興演劇集団「セカンド・シティ」にいたシカゴ時代、人気と名声を獲得した『サタデー・ナイト・ライブ』のニューヨーク時代、「アニマルハウス」「ブルース・ブラザース」などの映画に出演したハリウッド時代や、ダン・エイクロイド(ゲイリー・グルームス)とのコンビぶりが回想され、過激なギャグを生み出すためドラッグの誘惑に負け、泥沼にはまり込み、ついには愛人キャシー・スミス(パティ・ダーバンヴィル)にドラッグを注射されショック死する姿が明らかになるのであった。



■解説

ドラッグに溺れた名コメディアン、ジョン・ベルーシの破滅に至るまでの人生を現実と夢を交錯させながら描く。監督は「ハード・ツー・ホールド」のラリー・ピアース、製作はエドワード・S・フェルドマンとチャールズ・R・ミーカー、ボブ・ウッドワードのベストセラーを原作に、脚本はアール・マック・ローチ、撮影はトニー・アイミ、音楽は「ブルーラグーン」のバジル・ポールドュリスとニール・ポートノウが担当。

  • 1992年2月29日 より

  • 配給:パルコ=東北新社
  • 製作国:アメリカ(1989)

■スタッフ

監督 ラリー・ピアース (Larry Peerce)
脚本 アール・マックローチ (Earl MacRauch)
原作 ボブ・ウッドワード (Bob Woodward)
製作総指揮 P. Michael Smith (P. Michael Smith) Paul Carran (Paul Carran)
製作 エドワード・S・フェルドマン (Edward S. Feldman) チャールズ・R・ミーカー (Charles R. Meeker)
撮影 トニー・アイミ (Tony Imi)
美術 ブライアン・イートウェル (Brian Eatwell)
音楽 バジル・ポールデュリス (Basil Poledouris) ニール・ポートノウ (Neil Portnow)
編集 エリック・シアーズ (Eric Sears)
字幕 森本務 (Tsutomu Morimoto)

■キャスト

俳優名 役名
マイケル・チクリス (Michael Chiklis)  John_Belushi
レイ・シャーキー (Ray Sharkey)  Angel_Velasquez
J・T・ウォルシュ (J. T. Walsh)  Bob_Woodward
パティ・ダーバンヴィル (Patti D'Arbanville)  Cathy_Smith
ルシンダ・ジェニー (Lucinda Jenney)  Judy_Belushi
アレックス・ロッコ (Alex Rocco)  Arnie_Fromson
Gary Groomes (Gary Groomes)  Dan_Aykroyd

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!