映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • やさしいにっぽん人

「シャカ」と呼ばれる青年とその恋人や友人

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

深い霧の様に閉ざされた情況の中を疾走するには、あまりにノロすぎるオートバイで虐殺の島、渡嘉敷からそのヘソの緒を後生大事にひきずりゆく男シャカ。故郷に言葉を置き去りにしてきた謝花治は、すでに国家や他者を切り裂く言葉を持たない。引用野郎と呼ばれながらも、ひたすら他人の言葉をしゃべり続け彼の奥深く、何かが沈殿してゆく。ジュラルミンの楯の不気味な程鋭角的響きと、軍靴の音が肌に伝わる日本列島の中で、彼の仲間達はアモルフな情念に全てを託す。ヒタヒタと気味悪く、しかも確実に押し寄せるみえざるものの前に、言葉は、映像はからめ取られた自由に過ぎないのか。



■解説

昭和二十年、沖縄慶良間列島渡嘉敷島の集団自決を生きのびた赤ん坊であり、今は何もそのことを記憶していないという暗示的な運命を持つ「シャカ」と呼ばれる青年と、その恋人や友人たちの、真の「ことば」を求めての魂の遍歴の記録として、映画は展開される。脚本は「沖縄列島」の東陽一と前田勝弘、監督も同作の東陽一。撮影も同作の池田伝一がそれぞれ担当。


  • 配給:-
  • 製作国:日本(1971)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 東陽一 (ヒガシヨウイチ)
脚本 東陽一 (ヒガシヨウイチ) 前田勝弘 (マエダカツヒロ)
製作 高木隆太郎 (タカギリュウタロウ)
撮影 池田伝一 (イケダデンイチ)
美術 平田免郎 永沼宗夫 (ナガヌマムネオ)
音楽 東陽一 (ヒガシヨウイチ) 田山雅光 (タヤママサミツ)
録音 久保田幸雄 (クボタユキオ)
照明 鈴木直秀
編集 東陽一 (ヒガシヨウイチ) 関沢孝子 (セキザワタカコ)
助監督 前田勝弘 (マエダカツヒロ) 石渡邦夫 栗原剛志 (クリハラタケシ)
スチル 江西浩一

■キャスト

俳優名 役名
河原崎長一郎 (カワラサキチョウイチロウ)  シャカ
緑魔子 (Midori Mako)  ユメ
伊丹十三 (Juzo Itami)  主任
伊藤惣一 (イトウソウイチ)  野口
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)  小西
蟹江敬三 (Keizo Kanie)  シゲ
寺田柾  
横山リエ (ヨコヤマリエ)  マキ
渡辺美佐子 (Watanabe Misako)  物語の女
大辻伺郎 (オオツジシロウ)  一〇四号の男
平田守 (ヒラタマモル)  薬局店主
桜井浩子 (サクライヒロコ)  若い母親
東山千栄子 (ヒガシヤマチエコ)  お婆さん
秋浜悟史 (アキハマサトシ)  根元又三郎
陶隆司 (スエタカシ)  柾便所の男

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!