映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン

    (原題:Prince under the Cherry Moon)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

フランスのリビエラ。アメリカからやってきたクリストファー・トレイシー(プリンス)は、バーのピアノ弾き。これはという女は必ず射とめる凄腕のジゴロ。今夜の標的は有閑マダム、ミセス・ウェリントン(フランセスカ・アニス)。親友のトリッキー(ジェローム・べントン)とは、いつも獲物を物色する仲間でもあるが、ある日超大金持の令嬢、5000万ドルという財産の相続人、マリー・シャロン(クリスティン・スコット・トーマス)に目をつける。マリーのパーティに出向いたクリストファーに、彼女は目をとめた。しかし、それは、ギンギンにめかしこんだクリストファーの場ちがいな服装からだった。金目あてでクリストファーは彼女に近づくが、やがて2人は真剣に愛し合うようになる。しかし、マリーの父親シャロン(スティーヴン・バーコフ)はクリストファーとの交際を認めようとしない。また、商売を企んでいたトリッキーも、約束が違うとクリストファーを責めた。その企みを知ってマリーの心はゆらぐ。クリストファーの説得も及ばず、マリーが父親の決めた婚約者の元へ立とうとしていた。そのことをミセス・ウェリントンから聞いたクリストファーは飛行場に車をとばし、通行止めの柵を破る。間一髪、彼はガードマンに守られたマリーの前に立ちはだかる。クリストファーの車に乗ったマリーが愛を告白する。しかし、彼を誘拐犯に仕立てたシャロンは、執拗に追った。クリストファーはあえなく警官に射殺されてしまうのだった。



■解説

フランスのリゾート地を舞台に若いピアノ弾きをめぐって展開する恋愛映画。製作はロバート・キャヴァロ、ジョゼフ・ラファロ、スティーヴン・ファーグノリ、監督・主演はプリンス、脚本はベッキー・ジョンストン、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はプリンス&ザ・リボリューションが担当。共演はジェーローム・ベントン、スティーヴン・バーコフほか。

  • 1986年10月4日 より

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(1986)

■スタッフ

監督 プリンス (Prince)
脚本 ベッキー・ジョンストン (Becky Johnston)
製作 ロバート・キャヴァロ (Robert Cavallo) ジョゼフ・ラファロ (Joseph Ruffalo) スティーヴン・ファーグノリ (Steven Fargnoli)
撮影 ミハエル・バルハウス (Michael Ballhaus)
音楽 プリンス&ザ・リボリューション (Prince & The Revolution)
字幕 菊地浩司 (Koji Kikuchi)

■キャスト

俳優名 役名
プリンス (Prince)  Christopher_Tracy
クリスティン・スコット・トーマス (Kristin Scott Thomas)  Mary_Sharon
スティーヴン・バーコフ (Steven Berkoff)  Mr.Sharon
ジェローム・ベントン (Jerome Benton)  Tricky
Emmanuelle Sallet (Emmanuelle Sallet)  Katy
フランシスカ・アニス (Francesca Annis)  Mrs.Wellington

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!