映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 話す犬を、放す

親が認知症になったら、自分はどうする?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

売れない女優・レイコのもとに、ある日、昔の仲間で今や人気俳優になった三田からの紹介で、映画出演の話が舞い込んでくる。喜び勇むレイコだが、折悪く母・ユキエが“レビー小体型認知症”を発症し、かつての飼い犬・チロの幻想に悩まされるようになってしまう。女優としてこれが最後かもしれないチャンスと、母との生活を両立させようと奮闘するレイコだが…。



■解説

パーキンソン病のような症状や幻覚・幻視を見るという症状が出るレビー小体型認知症という病をモチーフに、夢を追及するということ、介護という問題、“生きる”ということなど、人間賛歌としてコミカルに、リリカルに描く。『櫻の園』『蛇イチゴ』のつみきみほ、『人間の約束』の田島令子が初共演し親子を演じる。監督はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013にて短編『世の中はざらざらしている』がノミネートした熊谷まどか。本作が初長編作品となる。(作品資料より)

  • 2017年3月11日 より 有楽町スバル座ほか全国にて

  • 配給:アティカス
  • 製作国:日本(2016)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 熊谷まどか (クマガイマドカ)
脚本 熊谷まどか (クマガイマドカ)

■キャスト

俳優名 役名
つみきみほ  
田島令子 (タジマレイコ) 
眞島秀和 (Hidekazu Mashima) 
木乃江祐希 (コノエユウキ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!