映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 愛∞コンタクト

  • PG-12

AV界巨匠の原作を、若手女性監督が映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「感電」…女子大生・泉は、20歳を過ぎても母親・聖子の過干渉になすがままの日々を送っていた。ある夜、ラジオから聞こえてきた、電気によって感情を研究しているという森本の発言に惹かれた泉は、彼の研究所を訪れる。泉の身体から発する強い電流に気付き、興味を覚える森本。泉の電流は、聖子から受ける無意識の抑圧から発せられるものだった。互いに惹かれ合い、電気的交流によって結ばれる泉と森本。初めて人を好きになった泉の変化に気付いた聖子は…。「おはよう、マコちゃん」…29歳のOL・マコは、年下の彼氏・ユウタへの執着心から、浮気されないよう必死に恋愛マニュアル本を実践していた。彼の全てが知りたくて、夜な夜なスマホのロック解除も試みている。ある日、とうとうロック解除に成功したマコだったが、ユウタが風俗に通っていることを知り激しいショックを受ける。そんなに良いものなのかと、風俗の調査を開始するマコ。そこで出会ったヘルス嬢・アヤからの強引な誘いも手伝って、彼氏が欲情する女になるために、自分も風俗で働き始めるマコだったが…。ほか1篇。



■解説

AV界の巨匠・代々木忠監督が、撮影現場を通して出会った様ざまな男女を通して、どうしたら人は心から目合いつながれるのかを綴ったエッセイ「つながる セックスが逢いに変わるために」を原作とした3篇からなるオムニバス。代々木監督の著書の大ファンである女優・中原翔子が、早川ナオミ名義で初プロデュースを手掛け、渡辺あい、深井朝子という2人の新進気鋭の女性監督がメガホンをとり、原作のエピソードに大胆な脚本を施した。さらに、オムニバス3作全ての監督助手を務めた淺雄望が、3作をつなぐ幕間映像を演出している。(作品資料より)

  • 2016年11月5日 より 渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開

  • 配給:OSD syndicate
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 渡辺あい (Ai Watanabe) 深井朝子 (フカイトモコ)
脚本 渡辺あい (Ai Watanabe) 深井朝子 (フカイトモコ)
幕間映像演出 淺雄望
製作 長田浩行 安藤桂子 (アンドウケイコ)
原作 代々木忠 (ヨヨギタダシ)
コンセプト監修 大道絵里子
企画プロデュース 中原翔子 (ナカハラショウコ)
プロデューサー 柴田愛之助 (シバタアイノスケ)
主題歌 junnos (junnos)
音楽 長嶌寛幸 (ナガシマヒロユキ) メカ・エルビス (メカ・エルビス)
撮影 関将史 (セキマサシ) 山田達也 (ヤマダタツヤ) 早坂伸 (ハヤサカシン) 中瀬慧 (ナカセケイ)
照明 守屋火実弥 鈴木秀幸 (スズキヒデユキ)
美術 池田匠 (イケダタクミ) 鈴木知史 最上勝司 (モガミカツジ)
制作担当 最上勝司 (モガミカツジ)
録音 光地拓郎 (コウチタクロウ) 大野裕之 清水裕紀子 (シミズユキコ) 臼井勝 (ウスイマサル)
音響効果 臼井勝 (ウスイマサル)
3DCG 宍戸光太郎 (シシドコウタロウ)
衣裳 永野桃子
ヘアメイク 富田貴代 (トミタタカヨ)
ガン・エフェクト 芦野広忠 (アシノヒロタダ)
助監督 芦野広忠 (アシノヒロタダ) 飯山りか (イイヤマリカ) 能登秀美 (ノトヒデミ) 地良田浩之
キャスティング 青木亨 (アオキトオル)
出演(声) 津田健次郎 (ツダケンジロウ) かとうあつき (カトウアツキ) 古澤健 (フルサワケン) 浦井崇 (ウライタカシ)

■キャスト

俳優名 役名
長谷川るみ (ハセガワルミ)  滝沢泉
ジェントル (ジェントル)  森本シュウジ
中原翔子 (ナカハラショウコ)  滝沢聖子
広澤草 (ヒロサワソウ)  マコ
真山明大 (マヤマアキヒロ)  ユウタ
亜紗美 (アサミ)  アヤ
寺島進 (Susumu Terajima)  加藤
加藤夏希 (Kato Natsuki)  伊万里愛子
浜田学 (ハマダマナブ)  喜多見明彦
諏訪太朗 (スワタロウ)  八幡宮仁志
舩木壱輝 (フナキイッキ)  十文字力也
松田祥一 (マツダショウイチ)  綾小路三郎
江原シュウ (Shu Ehara) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!