映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 手紙は憶えている

過去を追い詰め辿り着いた衝撃の真実

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

認知症を患い介護施設に入所したゼヴは、つい最近妻に先立たれたことも憶えていない。車椅子の老人マックスにこっそり手渡された手紙にによれば、彼らはアウシュヴィッツを生き延びたユダヤ人で、家族をナチスに皆殺しにされたのだった。身分を偽り米国に渡って何食わぬ顔で生きているナチスの残党を見つけ出し復讐を果たすため、マックスが立てた綿密な計画に従い、密かに施設を抜け出したゼヴは仇を探す旅に出る。



■解説

目覚める度に亡き妻の名を呼び、その姿を探し求める主人公の曖昧な記憶を、復讐に執念を燃やす老人の手紙が補う。「困ったら必ず手紙を読み返す」と呪文のように唱えるゼヴを演じるのは『人生はビギナーズ』で円熟のアカデミー賞助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマー。そして、車椅子に座りながら遠隔操作さながらにゼヴの旅を導くマックスに『エド・ウッド』で同賞を受賞したマーティン・ランドー。2人の大ベテランがまさに名演を見せる。新人脚本家ベンジャミン・オーガストが書き下ろした極上のサスペンスを、『スウィート ヒアアフター』の名匠アトム・エゴヤンが監督し、スリリングなロードムービーに仕立て上げた。

  • 2016年10月28日 より TOHOシネマズシャンテほか全国にて

  • 配給:アスミック・エース
  • 製作国:カナダ=ドイツ(2015)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 アトム・エゴヤン (Atom Egoyan)
脚本 ベンジャミン・オーガスト (Benjamin August)
プロデューサー ロバート・ラントス (Robert Lantos) アリ・ラントス (Ari Lantos)
撮影監督 ポール・サロシー (Paul Sarossy)
美術 マシュー・デイヴィス (Matthew Davies)
衣裳デザイン デブラ・ハンソン (Debra Hanson)
編集 クリストファー・ドナルドソン (Christopher Donaldson)
音楽 マイケル・ダナ (Mychael Danna)

■キャスト

俳優名 役名
クリストファー・プラマー (Christopher Plummer)  Zev Guttman
ブルーノ・ガンツ (Bruno Ganz)  Rudy Kurlander #1
ユルゲン・プロホノフ (Jurgen Prochnow)  Rudy Kurlander #4
ハインツ・リーフェン (Heinz Lieven)  Rudy Kurlander #2
ヘンリー・ツェーニー   Charles Guttman
ディーン・ノリス (Dean Norris)  John Kurlander
マーティン・ランドー (Martin Landau)  Max Rosenbaum

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!