映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • この世界の片隅に

  • 公開中

失われた景色が、色鮮やかに蘇る

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20年の夏がやってきた……。



■解説

第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した、こうの史代の同名漫画をアニメーション映画化。2015年3月〜5月に行われたクラウドファンディングで支援を得て制作された。第二次大戦中の広島・呉を舞台に、毎日眺めていたものがいつしか変わり果て、身近なものが失われてもなお前を向いて生きていく女性・すずの日々を描く。監督は、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直。アニメ化にあたり徹底的な考証を行い、主人公たちが実在したかのように、映画を観る人がまるで本当にそこで暮らしていると感じられるように、人々や街の様子を描き出している。(作品資料より)

  • 2016年11月12日 より テアトル新宿ほか全国にて

  • 配給:東京テアトル
  • 製作国:日本(2016)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (全国で7館)

■スタッフ

監督 片渕須直 (カタブチスナオ)
脚本 片渕須直 (カタブチスナオ)
原作 こうの史代 (コウノフミヨ)
企画 丸山正雄 (Masao Maruyama)
プロデューサー 真木太郎 (マキタロウ)
監督補 浦谷千恵 (ウラタニチエ)
キャラクター・デザイン 松原秀典 (マツバラヒデノリ)
作画監督 松原秀典 (マツバラヒデノリ)
音楽 コトリンゴ (kotringo)
画面構成 浦谷千恵 (ウラタニチエ)
美術監督 林孝輔
動画検査 大島明子 (オオシマアキコ)
色彩設計 坂本いづみ (サカモトイズミ)
撮影監督 熊澤祐哉
編集 木村佳史子 (kashiko Kimura)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
録音調整 小原吉男
出演(声) 能年玲奈 (ノウネンレナ) 細谷佳正 (ホソヤヨシマサ) 牛山茂 (ウシヤマシゲル) 新谷真弓 (シンタニマユミ) 小野大輔 (オノダイスケ) 岩井七世 (イワイナナセ) 潘めぐみ (ハンメグミ) 小山剛志 (コヤマツヨシ) 津田真澄 (ツダマスミ) 京田尚子 (キョウダナオコ) 佐々木望 (ササキノゾム) 塩田朋子 (Tomoko Shiota) 瀬田ひろ美 (Seta Hiromi) たちばなことね (タチバナコトネ) 世弥きくよ (Kikuyo Semi) 渋谷天外 (シブヤテンガイ)

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!