映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ジュリエッタ

  • PG-12

運命に翻弄された母と娘の崇高な愛の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

スペインのマドリードで暮らしているジュリエッタは、恋人ロレンソにも打ち明けていない苦悩を内に秘めていた。ある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、めまいを覚えるほどの衝撃を受ける。12年前、ひとり娘のアンティアは理由も語らずに、突然姿を消してしまったのだ。ジュリエッタはそれ以来、娘には一度も会っていない。忘れかけていた想いが甦り、娘に宛てた手紙を書き始めた…。



■解説

1980年代に『神経衰弱ぎりぎりの女たち』や『アタメ』などセンセーショナルな快作や異色作を連打したのち、世界的な巨匠の地位を揺るぎないものにしたペドロ・アルモドバル。運命に翻弄された母と娘を描いた本作は、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローが2004年に発表した作品を原作としている。ジュリエットという女を主人公とする三つの連作短編をアルモドバル自身が一続きの物語として脚本化した。主人公ジュリエッタ役にアルモドバルは初めて二人の女優を起用。スペインのベテラン女優エマ・スアレスが“現在”のジュリエッタを演じ、TVドラマ「情熱のシーラ」で脚光を浴びた新進女優アドリアーナ・ウガルテが“過去”を演じている。

  • 2016年11月5日 より 新宿ピカデリーほか全国にて

  • 配給:ブロードメディア・スタジオ
  • 製作国:スペイン(2016)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ペドロ・アルモドバル (Pedro Almodovar)
脚本 ペドロ・アルモドバル (Pedro Almodovar)
音楽 アルベルト・イグレシアス (Alberto Iglesias)
編集 ホセ・サルセド (Jose Salcedo)
撮影 ジャン=クロード・ラリュー (Jean-Claude Larrieu)
美術 アンチョン・ゴメス (Antxon Gomez)
衣装 ソニア・グランデ (Sonia Grande)
原作 アリス・マンロー (Alice Munro)
プロデューサー アグスティン・アルモドバル (Agustin Almodovar) エステル・ガルシア (Esther Garcia)

■キャスト

俳優名 役名
アドリアーナ・ウガルテ (Adriana Ugarte) 
 
ダニエル・グラオ (ダニエルグラオ) 
インマ・クエスタ (Inma Cuesta) 
ダリオ・グランディネッティ (Dario Grandinetti) 
ミシェル・ジェネール (Michelle Jenner) 
スシ・サンチェス (Susi Sanchez) 
ロッシ・デ・パルマ (Rossy de Palma) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!