映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 美女と野獣(1991)

    (原題:Beauty and the Beast)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

森の中にひっそりと建つ城。そこには若く精悍な、しかしわがままな王子(声・ロビー・ベンソン)がいた。あるとき彼は魔女に心を試され、醜い野獣に姿を変えられてしまう。21歳の誕生日までに彼は誰かを愛し、また愛されるようにならなければ、一生元の姿には戻れないのだ。フランスの田舎町に住むベル(声・ペイジ・オハラ)は、周囲から変わり者と思われているが、いつも冒険を夢見ている。そんなある日、発明家の父親モーリスが森の中に迷い込み、野獣の城にうっかり入りこんでしまったことから、彼は捕らえられてしまう。父を探しに城まで来たベルは野獣と会い、父を釈放する代わりに城に拘束されることになった。嘆き悲しんでいたベルだが、野獣同様姿を家財道具に変えられてしまった家来たちの優しさと、次第に人間らしさをとり戻していく野獣と接しているうち、いつしかほのかな愛が芽生えていく。しかし、町に帰りやつれ果てた父のことを知って悲しむ彼女を憐んだ野獣は、ベルを城から解放することを決めるのだった。一方、町ではベルにぞっこんの野蛮人ガストン(声・リチャード・ホワイト)が野獣のことを聞き、野獣退治に城へ赴いた。やがて野獣とガストンの一騎打ち。ガストンは崖下へ落ちていくが野獣も深く傷ついた。そんな彼にベルは愛を打ち明ける。その瞬間、奇跡が起こり、野獣も彼の家来たちも人間の姿に戻ったのであった。



■解説

ギリシャ神話以来親しまれてきた、美女と野獣のロマンティックなラヴ・ストーリーをアニメ化した作品。18世紀のフランスの作家ボーモン&ヴィルヌーヴが発表した版を原作としている。製作は「リトル・マーメイド」のドン・ハーン、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・アシュマン、監督はゲイリー・トゥルースデイルとカーク・ワイズの共同、脚本はリンダ・ウールヴァートン、作曲のアラン・メンケン、作詞のハワード・アシュマンも「リトル・マーメイド」のコンビで、91年度アカデミー作曲賞と主題歌賞を受賞している。

  • 1992年9月23日 より

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(1991)

■スタッフ

監督 ゲイリー・トゥルースデイル (Gary Trousdale) カーク・ワイズ (Kirk Wise)
脚本 リンダ・ウールヴァートン (Linda Woolverton)
脚本監修 ロジャー・アレーズ (Roger Allers)
原案 ブレンダ・チャップマン (Brenda Chapman) バーニー・マッティンソン (Burny Mattinson) ブライアン・ピメンタル (Brian Pimental) ジョー・ランフト (Joe Ranft) ケリー・アズベリー (Kelly Asbury) クリス・サンダース (Chris Sanders) ケヴィン・ハーキー (Kevin Harkey) ブルース・ウッドサイド (Bruce Woodside) ロバート・レンス (Robert Lence)
製作総指揮 ハワード・アシュマン (Howard Ashman)
製作 ドン・ハーン (Don Hahn)
美術 ブライアン・マッケンティー (Brian McEntee)
音楽 アラン・メンケン (Alan Menken)
主題歌 アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury) セリーヌ・ディオン (Celine Dion) ピーボ・ブライソン (Peabo Bryson)
編集 ジョン・カーナカン (John Carnochan)
作詞 ハワード・アシュマン (Howard Ashman)
字幕 太田直子 (Naoko Ota)
出演(声) ペイジ・オハラ (Paige O'Hara) ロビー・ベンソン (Robby Benson) リチャード・ホワイト (Richard White) レックス・エヴァーハート (Rex Everhart) ジェリー・オーバック (Jerry Orbach) アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury) デイヴィッド・オグデン・スティアーズ (David Ogden Stiers)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!