映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • マクベス

  • PG-12

乱世に翻弄された血まみれの暴君

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

内戦が続くスコットランド。反乱軍を破って英雄となったマクベスと戦友のバンクォーは、荒野で幼い少女を連れた3人の魔女に出会い、マクベスは王に、また、バンクォーの子孫が未来の王になるとの予言を聞く。それを知ったマクベス夫人は策略を巡らし、ダンカン王暗殺を企て、迷いのある夫をけしかける。ついに王を手にかけ、野望を叶えたマクベスだったが、その心に影を落とすのはバンクォーの存在だった。



■解説

ゴツゴツとした岩肌が続く荒野、低く垂れ込めた灰色の雲、濃く立ちこめる霧。厳しい条件下で敢行された屋外ロケが功を奏し、荒涼とした舞台で繰り広げられる血で血を洗う惨劇がいっそう際立つ。シェイクスピア四大悲劇のひとつ「マクベス」を、『英国王のスピーチ』の製作陣がオーストラリアの新鋭ジャスティン・カーゼルを監督に迎え、新たに映画化した。平凡な武将が欲望に負け敬愛する王を手にかけ、疑心暗鬼の狂人に成り果ててゆく姿を演劇的アプローチとは異なる手法で演じたのは、『スティーブ・ジョブス』のマイケル・ファスベンダー。王座にはかない夢を見る夫人に扮したオスカー女優マリオン・コティヤール共々好演。

■スタッフ

監督 ジャスティン・カーゼル (ジャスティン・カーゼル)
原作 ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare)

■キャスト

俳優名 役名
マイケル・ファスベンダー (Michael Fassbender) 
マリオン・コティヤール (Marion Cotillard) 
エリザベス・デビッキ (Elizabeth Debicki) 
ショーン・ハリス (Sean Harris) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!