映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • シマウマ

  • R-15

“絶対に読んではいけない漫画”が遂に映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

倉神竜夫は、仲間たちと美人局をして金を巻きあげていた。そんなある日、相手がやくざだったため、日常が一気に暗転する。回収屋に拉致されてしまったのだ。回収屋とは、依頼人の恨みを代わりに晴らす仕事。殺人は行わないが、死ぬより辛い人生をターゲットに送らせて、依頼主の溜飲を下げるのが目的なのだ。竜夫を捕えた回収屋アカがたまたま知り合いだったため、竜夫はドラという名前で回収屋の世界に足を踏み入れていく。



■解説

コミック雑誌、ヤングキングに連載中の小幡文生による“絶対に読んではいけない”といわれる人気漫画「シマウマ」を実写映画化。復讐を代行する回収屋の世界に踏み込んだ男が経験する、現代社会の暗部を強烈に切り取りながら、身近に潜む闇を炙り出している。主演は『orange−オレンジ−』や特撮ドラマ「獣電戦隊キョウリュウジャー」で人気の竜星涼。演技力に定評のある『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの須賀健太が、奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者を演じていて鮮烈だ。監督は「探偵はBARにいる」シリーズなど数多くの話題作を手掛けている橋本一。『凶悪』で日本アカデミー賞を受賞した高橋泉の脚本が、世界観にマッチしている。

  • 2016年5月21日 より ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて

  • 配給:ファントム・フィルム
  • 製作国:日本(2016)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 橋本一 (ハシモトハジメ)
脚本 高橋泉 (タカハシイズミ)
原作 小幡文生 (オバタフミオ)
企画 加藤和夫 (カトウカズオ)
製作統括 木次谷良助 (キジタニリョウスケ)
製作 間宮登良松 (マミヤトラマツ)
プロデューサー 菅谷英智 (スガヤヒデトモ)
撮影 葛西誉仁 (カサイヨシヒト)
美術 新田隆之 (ニッタタカユキ)
装飾 平井浩一 (ヒライコウイチ)
音楽 安川午朗 (Goro Yasukawa)
音楽プロデューサー 津島玄一 (ツシマゲンイチ)
主題歌 珠麟 (シュリン)
録音 照井康政 (テルイヤスマサ)
照明 岩切弘治 (イワキリコウジ)
編集 小堀由起子 (コボリユキコ)
キャスティングプロデューサー 福岡康裕 (フクオカヤスヒロ)
ラインプロデューサー 鷲頭政充 (ワシズマサミツ)
プロダクションマネージャー 杉崎隆行 (スギサキ)
助監督 高橋浩 (タカハシヒロシ)
宣伝プロデューサー 上阪優
特殊メイク 中田彰輝
VFX 宮島壮司
スタントコーディネーター 辻井啓伺 (ツジイケイジ) 出口正義 (デグチマサヨシ)
特別協賛 菅野征太郎

■キャスト

俳優名 役名
竜星涼 (リュウセイリョウ)  ドラ/倉神竜夫
須賀健太 (Kenta Suga)  アカ
日南響子 (ヒナミキョオコ)  キイヌ
高橋メアリージュン (タカハシメアリージュン) 
加藤雅也 (Masaya Kato)  シマウマ
天乃舞衣子 (アマノマイコ)  早苗
脇知弘 (ワキトモヒロ)  吉田
松田賢二 (マツダケンジ)  北島
福士誠治 (Seiji FUkushi)  網川
小澤亮太 (オザワリョウタ) 
 
杉原勇武 (スギハライサム) 
渡部龍平 (ワタベリュウヘイ) 
矢柴俊博 (ヤシバトシヒロ) 
菅原大吉 (スガワラダイキチ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!