映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • サムライと愚か者−オリンパス事件の全貌−

  • 公開中

オリンパス事件の内幕に迫るドキュメンタリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

オリンパス事件は、光学機器メーカー「オリンパス」が1000億円超の巨額損失を約20年に亘って隠蔽し、負債を粉飾決算で処理したもの。2011年、総合情報誌「FACTA」のスクープとイギリス人社長マイケル・ウッドフォード氏の不当解雇をきっかけに発覚した。この事件は世界中のメディアで報道され、日本社会の隠蔽体質が露見する事に。日本有数の大企業のひとつとして、創業100年近くもの歴史を誇る企業で、いったい何が起きたのか。



■解説

イギリスのSFO(重大不正捜査局)やアメリカFBIを巻き込み、世界中のメディアで大々的に報道され、日本社会の隠蔽体質だけでなく、ジャーナリズムのあり方までも浮き彫りにした事件に迫るドキュメンタリー。内部告発した元オリンパス代表マイケル・ウッドフォード氏自身の体験談を中心に、雑誌で事件をスクープした山口義正氏、海外メディア報道の火付け役となった「フィナンシャルタイムズ」のジョナサン・ソーブル記者など、当事者のインタビューを交えながら事件の全貌を明るみにしていく。本作で長編監督デビューを果たしたのは、これまで短編作品で国際的に評価されてきた山本兵衛。日本人観が出来上がっていくさまが、興味深くも耳に痛い。

  • 2018年5月19日 より シアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開

  • 配給:太秦
  • 製作国:ドイツ=フランス=イギリス=日本ほか(2015)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (九州で1館)

■スタッフ

監督 山本兵衛
エグゼクティブ・プロデューサー キャサリン・ブリンクマン (キャサリンブリンクマン) ニック・フレイザー (Nick Fraser) ケイト・タウンゼント (ケイトタウンゼント) 奥山和由 (オクヤマカズヨシ) アクセル・アルノ (アクセルアルノ) メッテ・ホフマン・メイヤー (メッテホフマンメイヤー)
プロデューサー 山本兵衛 リュック・マルタン・グセ (Luc Martin-Gouset)
共同プロデューサー デボラ・バリヤス (デボラバリヤス)
撮影 關根靖享
音楽 ピエール・レフェブ (ピエールレフェブ)
編集 山本兵衛
カラリスト ギレルモ・フェルナンデス (ギレルモフェルナンデス)

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!