映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 64-ロクヨン-後編

横山秀夫の傑作警察小説を映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

雨宮の態度を疑問に思った三上は、ロクヨン事件の捜査関係者らのもとを訪ねる。そこで驚愕の事実を知る。また、三上の同期である二渡は、三上に“幸田メモ”なるものの存在を明かし、ロクヨン事件当時の刑事部の、とある隠蔽疑惑をちらつかせる。そこから三上は真相にたどり着こうとするものの、刑事部と警務部の間で板挟みとなり、身動きが取れずにいた。そんな最中、ロクヨン事件の模倣事件と思われる誘拐身代金事件が発生する。



■解説

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家・横山秀夫の著作で、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編。未解決のまま14年の時が流れた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」をかつて現場で担当、現在は警務部の広報官として働く主人公を、佐藤浩市が熱演している。警察署内の刑事部と警務部の対立や記者クラブとの確執など、横山秀夫ならではの臨場感を見事に映像化。インディーズ映画からメジャー大作まで、さまざまなジャンルの作品をコンスタントに手掛ける職人監督、瀬々敬久の手腕が冴える。

  • 2016年6月11日 より 全国にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2016)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 瀬々敬久 (ゼゼタカヒサ)
脚本 瀬々敬久 (ゼゼタカヒサ) 久松真一 (Shinichi Hisamatsu)
原作 横山秀夫 (ヨコヤマヒデオ)
エグゼクティブプロデューサー 平野隆
企画 越智貞夫
プロデューサー 木村理津 大原真人 渡邉敬介 (ワタナベケイスケ) 浅野博貴 (アサノヒロタカ) 伊藤正昭 (イトウマサアキ)
共同プロデューサー 藤井和史
撮影 斉藤幸一 (サイトウコウイチ)
美術 磯見俊裕 (イソミトシヒロ)
装飾 柳澤武 (ヤナギサワタケシ)
音楽 村松崇継 (ムラマツタカツグ)
主題歌 小田和正 (オダカズマサ)
録音 高田伸也 (タカダシンヤ)
サウンドエフェクト 北田雅也 (キタダマサヤ)
照明 豊見山明長 (トミヤマメイチョウ)
編集 早野亮 (ハヤノリョウ)
スタイリスト 纐纈春樹 (コウケツハルキ)
ヘアメイク 那須野詞
ラインプロデューサー 武石宏登 (タケイシヒロト)
制作担当 篠宮隆浩
助監督 海野敦 (ウンノアツシ)
スクリプター 江口由紀子
VFXスーパーバイザー 立石勝 (タテイシマサル)

■キャスト

俳優名 役名
佐藤浩市 (Koichi Sato)  三上義信
綾野剛 (Go Ayano)  諏訪
榮倉奈々 (Eikura Nana)  美雲
夏川結衣 (Natsukawa Yui)  三上美那子
緒形直人 (Naoto Ogata)  目崎正人
窪田正孝 (Masataka Kubota)  日吉浩一郎
坂口健太郎 (サカグチケンタロウ)  手嶋
筒井道隆 (Michitaka Tsutsui)  柿沼
鶴田真由 (Tsuruta Mayu)  村串みずき
赤井英和 (Hidekazu Akai)  望月
菅田俊 (Shun Sugata)  漆原
烏丸せつこ (Setsuko Karasuma)  日吉雅恵
小澤征悦 (Yukiyoshi Ozawa)  御倉
金井勇太 (Yuta Kanai)  蔵前
芳根京子 (ヨシネキョウコ)  三上あゆみ
菅原大吉 (スガワラダイキチ)  石井
柄本佑 (Tasuku Emoto)  落合
椎名桔平 (Kippei Shiina)  辻内欣司
滝藤賢一 (タキトウケンイチ)  赤間
奥田瑛二 (Eiji Okuda)  荒木田
仲村トオル (Toru Nakamura)  二渡真治
吉岡秀隆 (Hidetaka Yoshioka)  幸田一樹
瑛太 (Eita)  秋川
永瀬正敏 (Masatoshi Nagase)  雨宮芳男
三浦友和 (Tomokazu Miura)  松岡勝俊

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!