映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ひそひそ星

園子温監督が、構想25年を経て映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

人類は幾度となく大きな災害に見舞われるとともに、たびたび過ちを犯してきたせいで数が激減した未来。やがて宇宙は機械に支配され、人工知能を持つロボットが8割を占め、人間はほんの2割しかおらず絶滅種に認定されていた。そんな中、アンドロイドの鈴木洋子は昭和風のレトロな内装の宇宙船に乗りこんで星々を回り、滅びゆく絶滅種と認定されている人間たちに日用品などの荷物を届ける宇宙宅配便の配達員として働いていた。



■解説

『冷たい熱帯魚』や『ヒミズ』の園子温監督が、20代の時に書き留めていたオリジナルの物語を、構想25年を経て遂に映画化。監督自身が1990年に書いた脚本と絵コンテをベースに、絶滅種と認定された人間の記憶にまつわる物語。主人公のアンドロイド・鈴木洋子は、人間たちに大切な思い出の品を届ける宅配便の配達員をしているという設定。そんな斬新な内容に加え、セリフも音も可能な限りそぎ落とし、さらにはモノクロを選択というこだわりよう。“暴力”や“エログロ”のイメージが強い監督の作品群とは一線を画す、憂いが漂う映像が興味深い。監督自ら立ち上げたプロダクションの記念すべき第1作のヒロインを務めるのは、夫人でもある神楽坂恵。

  • 2016年5月14日 より 新宿シネマカリテほか全国にて

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(2016)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 園子温 (Sion Sono)
脚本 園子温 (Sion Sono)
プロデュース 園子温 (Sion Sono)
プロデューサー 鈴木剛 (スズキツヨシ) 神楽坂恵 (カグラザカメグミ)
制作 山内遊
撮影 山本英夫 (Hideo Yamamoto)
美術 清水晃
整音 小宮元 (コミヤハジメ)
照明 小野晃 (オノアキラ)
編集 伊藤潤一 (イトウジュンイチ)
衣装 澤田石和寛 (サワタイシカズヒロ)
ラインプロデューサー 船木光 (フナキヒカル)
助監督 綾部真弥

■キャスト

俳優名 役名
神楽坂恵 (カグラザカメグミ) 
遠藤賢司 (エンドウケンジ) 
池田優斗 (Yuuto Ikeda) 
森康子 (モリヤスコ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!