映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 劇場版 MOZU

  • PG-12

日本犯罪史の黒幕・ダルマの真実が明らかに

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京・港区の高層ビルが襲撃・爆破され、同時にペナム大使館が襲撃される。狙われたのは、ペナム大使館の中で暮らしていた少女・エレナ。居合わせた公安警察官の倉木は元刑事・大杉の事務所にエレナを匿うが、テロリスト・権藤に大杉の娘・めぐみと明星美希が拉致されてしまう。権藤の背後には、日本の戦後史を影で操ってきた“ダルマ”の存在があった。倉木と大杉は、めぐみたちを取り戻すため、エレナを連れてペナム共和国に渡る。



■解説

公安警察官の倉木を主人公にした、謎と陰謀が絡み合うハードボイルドなドラマ「MOZU」シリーズ、待望の映画化。これまで、妻子の死の真実を追い求めてきた倉木が、本作でいよいよ真実を突き止め、数々の陰謀の黒幕である“ダルマ”と対峙する。フィリピンでロケを行い、日本では絶対に不可能な激しいカーアクションや凄まじい格闘アクション満載で、スタッフ・俳優陣の本気を感じさせる仕上がり。ドラマ版から監督を務めてきた羽住英一郎が「振り切れ!」と俳優陣に指示を出していたそうで、俳優陣もそれに応える演技を見せている。西島秀俊、香川照之、長谷川博己らドラマからの出演者に加え、ビートたけし、松坂桃李らの狂気の演技にも注目。

  • 2015年11月7日 より 全国にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 羽住英一郎 (ハスミエイイチロウ)
脚本 仁志光佑 (Kousuke Nishi)
原作 逢坂剛 (オウサカゴウ)
エグゼクティブプロデューサー 平野隆
Co.エグゼクティブプロデューサー 青木竹彦 (アオキタケヒコ)
スーパーバイジングプロデューサー 安藤親広 (アンドウチカヒロ)
プロデューサー 渡辺信也 井上衛 (イノウエマモル) 森井輝 (モリイアキラ)
共同プロデューサー 辻本珠子 (ツジモトタマコ) 武田吉孝 (タケダヨシタカ) 前田菜穂 (Naho Maeda)
撮影 江崎朋生 (エザキトモオ)
美術 北谷岳之 (キタヤタケユキ)
装飾 小山大次郎 (コヤマダイジロウ)
音楽 菅野祐悟 (スガノユウゴ)
録音 柳屋文彦 (ヤナギヤフミヒコ)
音響効果 猪俣泰史
照明 三善章誉
編集 西尾光男
選曲 藤村義孝 (フジムラヨシタカ)
ライン・プロデューサー 古屋厚 (フルヤアツシ)
監督補 川村直紀 (カワムラナオキ)
SFX/VFXスーパーバイザー 小田一生 (オダイッセイ)
制作担当 中島勇樹

■キャスト

俳優名 役名
西島秀俊 (Hidetoshi Nishijima)  倉木尚武
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  大杉良太
真木よう子 (Maki Yoko)  明星美希
池松壮亮 (Sosuke Ikematsu)  新谷和彦
伊藤淳史 (Atsushi Ito)  鳴宮啓介
杉咲花 (スギサキハナ)  大杉めぐみ
阿部力 (Li Dongdong)  村西悟
伊勢谷友介 (Yusuke Iseya)  高柳隆市
松坂桃李 (Tori Matsuzaka)  権藤剛
長谷川博己 (Hiroki Hasegawa)  東和夫
小日向文世 (Fumiyo Kohinata)  津城俊輔
北野武 (Takeshi Kitano)  ダルマ

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!