映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ブラック・スキャンダル

  • R-15

ジョニー・デップがギャングのボスを熱演

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1975年、アイルランド系移民が多く住むサウス・ボストンで、ギャングを率いるバルジャーは、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げていた。そこへFBI捜査官コノリーが赴任して来る。彼は手柄のため、マフィアと対立するバルジャーに、情報の提供を依頼。コノリーとバルジャー、そしてバルジャーの弟で州上院議員のビリーは、地元育ちの幼なじみだった。バルジャーはこの協定を利用し、対立組織を潰し、暗黒街でのし上がって行く。



■解説

どこか現実離れしたファンタジー世界の役ばかりの印象が強いジョニー・デップによる久々のシリアスな現代劇。しかも人を殺すのに躊躇しない、冷酷な中年ギャングを演じている。これは実話の映画化で、1970年代から80年代にかけてボストンのアイルランド系ギャングが、FBIの保護を受けて急成長。実は組織のトップが、相手組織の情報をリークしていたという、ウソのような話だ。スコセッシ監督作品の『ディパーテッド』で、ジャック・ニコルソンが演じていた組織のボスは、今回デップが演じたバルジャーがモデルなのだ。本作はそのバルジャーとそれに取り込まれてしまうFBI捜査官、そして州議員として成功したバルジャーの弟の3人を描きながら、ボストンのギャング組織の攻防を描く。

  • 2016年1月30日 より 全国にて

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:アメリカ(2015)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 スコット・クーパー (Scott Cooper)
製作 スコット・クーパー (Scott Cooper) ジョン・レッシャー (ジョン・レッシャー) ブライアン・オリヴァー (Brian Oliver) パトリック・マコーミック (Patrick McCormick) タイラー・トンプソン (Tyler Thompson)
脚本 マーク・マルーク (Mark Mallouk) ジェズ・バターワース (Jez Butterworth)
原作 ディック・レイア (Dick Lehr) ジェラード・オニール (Gerard O'Neill)
製作総指揮 ブレット・ラトナー (Brett Ratner) ジェームズ・パッカー (James Packer) ピーター・マルーク (Peter Mallouk) レイ・マルーク (Ray Mallouk) クリストファー・ウッドロウ (Christopher Woodrow) ブレット・グランスタッフ (Brett Granstaff) ゲイリー・グランスタッフ (Gary Granstaff) フィル・ハント (Phil Hunt) コンプトン・ロス (Compton Ross)
撮影 マサノブ・タカヤナギ (マサノブタカヤナギ)
美術 ステファニア・セラ (Stefania Cella)
編集 デイヴィッド・ローゼンブルーム (David Rosenbloom)
音楽 ジャンキー・XL (Junkie XL)

■キャスト

俳優名 役名
ジョニー・デップ (Johnny Depp)  James 'Whitey' Bulger
ジョエル・エドガートン (Joel Edgerton)  John Connolly
ベネディクト・カンバーバッチ (Benedict Cumberbatch)  Billy Bulger
ロリー・コクレイン   Steve Flemmi
ジェシー・プレモンス (Jesse Plemons)  Kevin Weeks
デヴィッド・ハーバー (David Harbour)  John Morris
ダコタ・ジョンソン (Dakota Johnson)  Lindsey Cyr
ジュリアンヌ・ニコルソン   Marianne Connolly
ケヴィン・ベーコン (Kevin Bacon)  Charles McGuire
コリー・ストール (Corey Stoll)  Fred Wyshak
ピーター・サースガード (Peter Sarsgaard)  Brian Halloran
アダム・スコット (Adam Scott)  Robert Fitzpatrick
ジュノー・テンプル (Juno Temple)  Deborah Hussey

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!