映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • さようなら

  • R-15

平田オリザのアンドロイド演劇完全映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

放射能に侵された近未来の日本。各国と提携して敷かれた計画的避難体制のもと国民は、国外へと次々と避難していく。その光景をよそに、避難優先順位下位の為に取り残された外国人の難民、ターニャ。そして幼い頃から病弱な彼女をサポートするアンドロイドのレオナ。やがて、ほとんどの人々が消えていく中、遂にターニャはレオナに見守られながら最期の時を迎える事になる。死にゆくターニャにゆっくりと詩を読み続けるレオナ…。



■解説

劇作家・平田オリザとロボット研究の第一人者が共同で進める、人間とアンドロイドが舞台上で共演する画期的な演劇プロジェクト。その完成度の高さに国内外に衝撃を与えた記念碑的作品を『歓待』、『ほとりの朔子』の深田晃司監督が映画化に挑戦。アンドロイド・レオナ役を演じるのは、本物のアンドロイド、“ジェミノイドF”。主人公・ターニャには同舞台でも同じ役を演じているブライアリー・ロング、そして新井浩文、村上虹郎などが脇を固める。死を目前にしたターニャにアンドロイドであるレオナが詩を淡々と読み続ける、その静謐な時間は、人間にとって、アンドロイドにとって、“生”とは、そして“死”とはと鋭く問いかける。

  • 2015年11月21日 より 新宿武蔵野館ほか全国にて

  • 配給:ファントム・フィルム
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 深田晃司 (フカダコウジ)
脚本 深田晃司 (フカダコウジ)
原作 平田オリザ (ヒラタオリザ)
撮影 芦澤明子 (アシザワアキコ)
美術 鈴木健介 (Kensuke Suzuki)
音楽 小野川浩幸 (オノガワヒロユキ)
録音 小野川浩幸 (オノガワヒロユキ)
照明 永田英則 (ナガタヒデノリ)
アンドロイドアドバイザー 石黒浩 (Hiroshi Ishiguro)
特別出演 ジェローム・キルシャー (Jerome Kircher) イレーヌ・ジャコブ (Irene Jacob)
効果 小野川浩幸 (オノガワヒロユキ)
特殊造形 JIRO

■キャスト

俳優名 役名
ブライアリー・ロング (ブライアリー・ロング)  ターニャ
新井浩文 (Hirofumi Arai) 
ジェミノイドF   レオナ
村田牧子 (ムラタマキコ) 
村上虹郎 (ムラカミニジロウ) 
木引優子 (キビキユウコ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!