映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • エベレスト3D

1996年のエベレスト大遭難を描いた実話

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1996年の春、エベレスト山頂を目指すために世界中の登山家たちが集まってきた。その中にニュージーランドの登山会社を経営するロブ・ホールのチームがいた。エベレストの商業登山のパイオニアとして、今年も8人の顧客を引き連れての登頂だ。例年になく混雑するエベレスト登山のため、ロブは同じく顧客を連れているスコットのチームと合同でアタックすることになる。しかしトラブルが重なり登頂時間が遅れ、その影響でロブは下山が困難な状況に陥ってしまう。また、下山中のチームも強烈なブリザードに襲われていた…。



■解説

世界で最も高い地点、それがエベレストの山頂だ。その上に立つことを夢見て、多くの人々がこの山に挑んだ。本作は1996年に実際に起きた大量遭難事件の模様を描いた作品だ。このチームに日本人女性登山家が参加していたことから、当時日本でも大きく報道された。また、生還したメンバーのうち3人が著作物を出しているので、この遭難のあらましを知っている人も少なくないだろう。ただ、映画では誰かに責任を負わせるということなく、そもそもこの場所自体が人を寄せつけない孤高の場所なのだと示している。切り立つ氷の崖、底が見えないクレパス、猛烈なブリザード…。しかし困難だからこそ、人は挑みたいのだろう。とにかく、まるでエベレストにいるような迫力のある映像が見どころだ。

  • 2015年11月6日 より TOHOシネマズ 日劇ほか全国にて

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ=イギリス(2015)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 バルタザール・コルマウクル (Baltasar Kormakur)
脚本 ウィリアム・ニコルソン (William Nicholson)
製作 ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ (Nicky Kentish Barnes) ティム・ビーヴァン (Tim Bevan) リザ・チェイシン (Liza Chasin) エリック・フェルナー (Eric Fellner) エバン・ヘイズ (Evan Hayes) ブライアン・オリヴァー (Brian Oliver)
撮影 サルヴァトーレ・トティーノ (Salvatore Totino)
美術 ゲリー・フリーマン (Gary Freeman)
音楽 ダリオ・マリアネッリ (Dario Marianelli)
編集 ミック・オーズリー (Mick Audsley)
衣裳デザイン ガイ・スペランザ (Guy Speranza)
キャスティング フィオナ・ウィアー (Fiona Weir)

■キャスト

俳優名 役名
ジェイソン・クラーク (Jason Clarke)  Rob Hall
ジョシュ・ブローリン (Josh Brolin)  Beck Weathers
ジョン・ホークス (John Hawkes)  Doug Hansen
ロビン・ライト (Robin Wright)  Peach Weathers
エミリー・ワトソン (Emily Watson)  Helen Wilton
キーラ・ナイトレイ (Keira Knightley)  Jan Hall
サム・ワーシントン (Sam Worthington)  Guy Cotter
ジェイク・ギレンホール (Jake Gyllenhaal)  Scott Fischer

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!