映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ゆずり葉の頃

プロデューサー中みね子、76歳監督デビュー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

海外赴任から一時的に帰国した進は、ひとりで暮らす母親・市子を訪ねるが、彼女は軽井沢に行っており、部屋には宮謙一郎という画家についての新聞記事の切り抜きが残されていた。展覧会が開催されている美術館を訪れた市子は、目当ての絵について職員に聞いてみるが、その絵は個人所有のもので展示されるかわからないと言われる。気を落として近くの喫茶店に入った市子は、店のマスターに真楽寺というお寺への行き方を訪ねる…。



■解説

岡本喜八監督作品のプロデューサーを長年務めてきた中みね子(岡本みね子)が、自身のオリジナル脚本により、76歳にして初監督に挑んだ作品。戦中、戦後の動乱期を経験し、過去を封印して生きてきた老女を主人公に、彼女の思い出の絵を探す旅を通して永く胸にしまっておいた思いを綴っていく感動的な人生賛歌。主演は、多くの名匠に愛されてきた女優・八千草薫。夫の故・谷口千吉監督の助監督を岡本喜八監督がしていたのは有名な話で、中みね子監督とは旧知の仲だそう。主人公が思いを寄せる画家役で仲代達矢が共演。さらに、風間トオル、岸部一徳、竹下景子、六平直政、本田博太郎、嶋田久作ら喜八組の経験者がズラリと顔を揃えている。

  • 2015年5月23日 より 岩波ホールほか全国にて順次公開

  • 配給:パンドラ
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中みね子 (ナカミネコ)
脚本 中みね子 (ナカミネコ)
音楽 山下洋輔 (ヤマシタヨウスケ)
劇中画 宮廻正明 (Masaaki Miyasako)
製作 中みね子 (ナカミネコ) 小野伸一 (オノシンイチ) 持田郁夫 (モチダイクオ)
企画 中みね子 (ナカミネコ) 村上典吏子 (ムラカミノリコ)
撮影 瀬川龍 (セガワリュウ)
照明 原由巳 (ハラヨシミ)
美術 小林真木 (コバヤシ)
録音 藤丸和徳 (フジマルカズノリ)
整音 瀬川徹夫 (セガワテツオ)
編集 川島章正 (カワシマアキマサ)

■キャスト

俳優名 役名
八千草薫 (Yachigusa Kaoru)  市子
風間トオル (Toru Kazama) 
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)  珈琲歌劇の店主
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)  宮謙一郎
竹下景子 (Takeshita Keiko)  謙一郎の母
六平直政 (Naomasa Musaka)  宝石店店主
嶋田久作 (Kyusaku Shimada)  ペンション主人
本田博太郎 (Hirotaro Honda)  仕立て職人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!