映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 天空の蜂

原発上空に浮かぶ巨大ヘリ、落下まで8時間!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1995年8月8日、日本最大のヘリ“ビッグB”が、何者かに奪われた。ビッグBは偶然に乗り込んでいた開発者、湯原の息子・高彦を乗せ、福井県の原子力発電所“新陽”の上空にたどり着く。テロリスト“天空の蜂”は、「日本の原発をすべて破棄せよ」と要求。燃料が切れる8時間以内に原発を停止せねば、爆弾を積んだビッグBを原子炉に向かって落下させるという。対策本部では湯原、原発設計者の三島、警察、新陽所長、消防などの関係者が懸命に対策を練る。



■解説

「ガリレオ」シリーズや『白夜行』などの映画化作も多い小説家、東野圭吾が1995年に発表した「天空の蜂」。原発を狙ったテロを描いた20年前のこの作品が、「トリック」シリーズ、『明日の記憶』などを手がけた堤幸彦監督の手で映画化。8時間というタイムリミットの中で、ヘリコプターに閉じ込められた少年を救い出し、犯人を捜し出し、原発を守り抜くという難しいミッションを、巨大ヘリ開発者、原発技術者、警察、レスキュー隊の各メンバーたちが死力を尽くして遂行していく様子は、現場の最前線で働く人々へのリスペクトを感じさせる。原発問題の恐ろしさ、難しさを誰もが感じている現在の日本人に、堤監督が突きつけた社会派エンターテインメント作品。

  • 2015年9月12日 より 全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 堤幸彦 (Yukihiko Tsutsumi)
脚本 楠野一郎 (クスノイチロウ)
原作 東野圭吾 (ヒガシノケイゴ)
制作 オフィスクレッシェンド (オフィスクレッシェンド)
撮影 唐沢悟 (カラサワサトル)
美術 相馬直樹 (ソウマナオキ)
音楽 リチャード・プリン (Richard Pryn)
音楽プロデューサー 茂木英興 (モギヒデオキ)
主題歌 秦基博 (ハタモトヒロ)
録音 田中靖志 (タナカヤスシ)
照明 木村匡博 (Masahiro Kimura)
編集 伊藤伸行 (イトウノブユキ)
VFXスーパーバイザー 野崎宏二 (ノザキコウジ)

■キャスト

俳優名 役名
江口洋介 (Yosuke Eguchi)  湯原
本木雅弘 (Masahiro Motoki)  三島
仲間由紀恵 (Nakama Yukie)  赤嶺
綾野剛 (Go Ayano)  雑賀
柄本明 (Akira Emoto)  室伏
國村隼 (Jun Kunimura)  中塚
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)  筒井
竹中直人 (Naoto Takenaka)  芦田
向井理 (Osamu Mukai)  高彦(成人)
佐藤二朗 (Jiro Sato)  今枝
光石研 (Ken Mitsuishi)  佐久間
落合モトキ (オチアイモトキ)  関根
やべきょうすけ (ヤベキョウスケ)  根上
手塚とおる (テヅカトオル)  高坂
永瀬匡 (ナガセタスク)  上条
石橋けい (イシバシケイ)  篤子
カゴシマジロー (カゴシマジロー) 
松島花 (Hana Matsushima)  野村
前川泰之 (Yasuyuki Maekawa) 
松田悟志 (Satoshi Matsuda) 
森岡豊 (Yutaka Morioka) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!