映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 007 スペクター

ついに謎の組織が明らかに!007シリーズ24作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

メキシコシティの死者の日。ボンドはスタジアム爆破を計画していた謎の男・スキアラを倒す。しかしロンドンに戻ったボンドは、上司Mに無断行動を叱責されてしまう。一方、同僚のマネペニーから渡されたスカイフォールの回収物から、ボンドは少年時代のある写真を見つける。その後、スキアラの葬式に参列するため密かにローマへ行ったボンドは、スキアラが所属していた組織の会合に忍び込む。しかし組織の首領オーベルハウザーは、ボンドのことを知っていた…。



■解説

スパイ映画ブームの中でも他に追随を許さないのが「007」シリーズ。そしてダニエル・クレイグによるジェームズ・ボンドも、ついに4作目となる。冒頭のメキシコでの大群衆を前にしてのアクション、ローマでのカーチェイス、ギネス認定された砂漠での大爆発など、今回も見どころがたくさんだ。しかし、このクレイグ=ボンドが他のボンド映画と違うのは、すべてが連続したストーリーだということ。1作目である2006年『007/カジノ・ロワイヤル』から10年。ボンドは成長し続けたが、愛する者を次々と失ってもいった。そんなボンドが今回対決するのは、過去にたびたび姿を見せていた謎の組織。そしてその首領は、ボンドに関わりがあった者だったという事実がわかる。つまり本作は、これまでの3作の集大成であり、終着点でもあるのだ。クレイグの続投も含め、早くも次回作が気になる。

  • 2015年12月4日 より TOHOシネマズ 日劇ほか全国にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2015)
    • ジャンル:
    • アクション

■スタッフ

"監督" サム・メンデス (Sam Mendes)
"脚本" ジョン・ローガン (John Logan) ニール・パーヴィス (Neal Purvis) ロバート・ウェイド (Robert Wade) ジェズ・バターワース (Jez Butterworth)
"プロデューサー" バーバラ・ブロッコリ (Barbara Broccoli) マイケル・G・ウィルソン (Michael G. Wilson)
"撮影" ホイテ・ヴァン・ホイテマ (Hoyte Van Hoytema)
"プロダクション・デザイン" デニス・ガスナー (Dennis Gassner)
"音楽" トーマス・ニューマン (Thomas Newman)
"主題歌" サム・スミス (Sam Smith)
"編集" リー・スミス (Lee Smith)
"衣裳デザイン" ジャイニー・テマイム (Jany Temime)
"第二班監督" アレクサンダー・ウィット (Alexander Witt)
"出演" クリストフ・ヴァルツ (Christoph Waltz) ダニエル・クレイグ (Daniel Craig) レイフ・ファインズ (Ralph Fiennes) ベン・ウィショー (Ben Whishaw) ナオミ・ハリス (Naomi Harris) レア・セドゥ (Lea Seydoux) モニカ・ベルッチ (Monica Bellucci) デイヴ・バウティスタ (Dave Bautista) ステファニ・シグマン (Stephanie Sigman) アンドリュー・スコット (Andrew Scott) ローリー・キニア (Rory Kinnear) イェスパー・クリステンセン (Jesper Christensen)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!