映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • エンドローラーズ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

葬儀屋の中本は、故人の葬儀について、その兄で喪主を務める昇から難題を突き付けられる。それは“弟の仕事は工業用ロボットの金具製作。弟の孫に、爺さんがどんな仕事をしていたのか、分からせてやりたい。だから、ロボットを使った映像を作れ”というもの。昇は更に“それに派手な音楽付けて式で流そう”、“葬式にロボットを呼べ”と無茶な要求を連発。果たして、葬儀は一体どうなる……?



■解説

映像産業振興機構“VIPO”が企画した“ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014”の参加者が、製作実地研修として手掛けた短編作品の1本。監督は、「日曜大工のすすめ」が釜山国際映画祭の短編部門スペシャル・メンションを受賞した吉野耕平。出演は「進撃の巨人 前篇」の三浦貴大、「冷たい熱帯魚」のでんでん。

  • 2015年3月14日 より

  • 配給:特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO)
  • 製作国:日本(2014)

■スタッフ

監督 吉野耕平
脚本 吉野耕平
製作総指揮 松谷孝征 (マツタニタカユキ)
プロデューサー 田中誠一 (タナカセイイチ)
撮影 沖村志宏 (オキムラユキヒロ)
美術 松本千広 (マツモトチヒロ)
音楽 御供信弘 (ミトモノブヒロ)
音楽プロデューサー 和田亨 (ワダトオル)
録音 柿澤潔 (カキザワ)
音響効果 井上奈津子
照明 岡田佳樹
編集 早野亮 (ハヤノリョウ)
衣裳デザイン 岡本華菜子 (オカモトカナコ)
ヘアメイク 佐々木愛 (ササキアイ)
助監督 木ノ本豪 (キノモトゴウ)
制作担当 相良晶

■キャスト

俳優名 役名
三浦貴大 (Takahiro Miura) 
でんでん (Denden) 
久野雅弘 (ヒサノマサヒロ) 
梅舟惟永 (ウメフネアリエイ) 
勝倉けい子  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!