映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 正しく生きる

日本に生きる我々に問いを突きつける衝撃作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

高名な芸術家であり、美術大学で教鞭を執る柳田。彼は大きな災害による原発事故以降、自身の最後の作品として、放射性物質を使ったオブジェの制作を始める。だが、その身体には同時に死の影も忍び寄っていた。柳田に自分の作ったオブジェを粉々に破壊された美大生の桜は、その日から執拗に柳田を追い始める。桜は、柳田の自宅前でガイガーカウンターが激しく反応する場面に遭遇する。疑念を抱いた桜は柳田を訪ね理由を問い正すが、無言で立ち去られてしまう。残された桜に向かって、柳田の友人・白石は、ある意外な事実を告げるのであった…。



■解説

とある大きな災害をきっかけに、様ざまな事情を抱えたまま“愛”を求め疾走し始める人々。その姿を浮き彫りにしながら、漠然とした不安な時代である“現在”に「正しく生きる」とは何かを問いかける衝撃作。主人公のひとりである柳田を演じるのは、映画やドラマと幅広く活躍し、日本を代表する俳優の一人である岸部一徳。友人・白石を柄本明が演じる。また宮崎将、水上竜士、鈴木卓爾などプロの俳優と共に、京都造形芸術大学映画学科俳優コースの学生たちが重要な役を演じているのも見どころの一つ。監督は福岡芳穂。(作品資料より)

  • 2015年3月7日 より シアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開

  • 配給:マジックアワー
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 福岡芳穂 (フクオカヨシホ)
共同脚本 北白川派 高橋伴明 (Banmei Takahashi)
脚本 福岡芳穂 (フクオカヨシホ)
プロデューサー 有吉司 福岡芳穂 (フクオカヨシホ) 山本起也 (ヤマモトタツヤ)
撮影監督 小川真司 (オガワシンジ)
美術装飾 嵩村裕司 (Yuji Kasamura)
録音 浦田和治 (ウラタカズハル)
音楽 野島健太郎 (ノジマケンタロウ)
編集 鈴木歓 (スズキカン)
衣裳 辻野孝明
メイク 新井みどり (アライミドリ)
助監督 浅利宏 (アサリヒロシ)
タイトル 赤松陽構造 (アカマツヒコゾウ)
制作 奥山哲正 永山紗椰 (ナガヤマサヤ) 福田あさひ (Asahi Fukuda) 川南絆 (カワナミキズナ) 小川泰寛 村田誠広 山田奈保 (Naho Yamada)

■キャスト

俳優名 役名
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)  柳田/芸術家・芸術大学教授
水本佳奈子   村上桜
青山理紗 (Risa Aoyama)  各務いつか
宮里紀一郎 (ミヤザトキイチロウ)  内田
浜島正法 (ハマジママサノリ)  佐伯朝雄
上川周作 (カミカワシュウサク)  森優樹
杉本瑞季 (スギモトミズキ)  阿部
早川紗月   遥/いつかの娘
水上竜士 (Ryushi Mizukami)  金子勲/暴力組織幹部
宮崎将 (ミヤザキワタル)  久保田/朝雄の先輩
宇野祥平 (ウノショウヘイ)  佐々木浩介/弁当屋の店長
大森立嗣 (Tatsushi Omori)  小児科の医者
鈴木卓爾 (スズキタクジ)  各務泰志/いつかの夫
柄本明 (Akira Emoto)  白石健彦/柳田の友人

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!