映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 白河夜船

  • PG-12

よしもとばななのベストセラーを映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

寺子は以前の職場で出会った岩永と不倫関係にあった。岩永から経済的な援助を受けながら、一人暮らしの部屋で毎日眠りながら岩永の電話を待つ寺子と、事故で植物人間状態にあり、回復の見込みもなく眠り続ける妻を持つ岩永。そんな中、男たちに添い寝をしてあげる“添い寝屋”をしていた寺子の最愛の親友しおりが死んだ。親友の死の衝撃と、不倫による不安と淋しさが身にせまり、寺子の眠りはどんどん深く長くなっていく…。



■解説

よしもとばななのベストセラー小説が、26年の時を経て映画化。ヒロイン寺子役を演じるのは、数々の女優賞に輝き、いま最も注目される女優、安藤サクラ。本作では親友の死と恋人との関係に悩む等身大の女性を自然体で演じ、彼女の新たな魅力が発揮されている。寺子の恋人・岩永役には、個性派俳優、井浦新。『かぞくのくに』の共演でも話題となった安藤サクラとの再タッグに大きな注目が集まる。若手演技派女優の谷村美月が寺子の親友しおりを、漫画家内田春菊の次女・紅甘が岩永の妻の幻影でもある少女を演じ、脇を固める。監督及び撮影は気鋭の写真家として知られる若木信吾。原作者よしもとばななが「奇跡的」と称する作品を完成させた。

  • 2015年4月25日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:フルモテルモ、コピアポア・フィルム
  • 製作国:日本(2015)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 若木信吾 (ワカキシンゴ)
脚本 若木信吾 (ワカキシンゴ) 鈴本櫂
原作 よしもとばなな (Banana Yoshimoto)
撮影 若木信吾 (ワカキシンゴ)
製作 重村博文 (シゲムラヒロブミ) 畠中鈴子 (ハタナカスズコ)
企画 越川道夫 (コシカワミチオ)
プロデュース 越川道夫 (コシカワミチオ)
企画協力 よしもとばなな (Banana Yoshimoto)
プロデューサー 石井稔久 玉井紅帆
制作 株式会社ユマニテ (カブシキガイシャユマニテ)
制作協力 スローラーナー (スローラーナー)
挿入曲 ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン (Ludwig van Beethoven)
照明 山本浩資 (ヤマモトヒロシ)
美術 古積弘二 (コヅミコウジ)
録音 山本タカアキ (ヤマモトタカアキ)
編集 菊井貴繁 (キクイタカシゲ)

■キャスト

俳優名 役名
安藤サクラ (Sakura Ando)  寺子
谷村美月 (Tanimura Mitsuki)  しおり
井浦新 (Arata Iura)  岩永
高橋義明 (Yoshiaki Takahashi)  しおりの昔の恋人
紅甘 (Guama)  公園で出会う少女
伊沢磨紀 (イザワマキ)  しおりの母親
竹厚綾 (タケコウアヤ)  岩永の妻

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!