映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • バッド・ボーイズ(1983)

    (原題:Bad Boys)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大都会シカゴに注む16歳の高校生ミック・オブライエン(ショーン・ペン)は、札つきの非行少年。遂に少年刑務所送りとなった。彼が少年刑務所送りとなったその事件はかなり重いものだった。敵対するパコ(イーサイ・モラレス)のグループが、黒人グルーブと麻薬類の取引きをすることを知った仲間カール(アラン・ラック)の報告で、それを横取りしようと企むミック。しかし、パコの仲間が胸を撃ちぬかれ、カールもまた死んだ。パトカーに追われるミックは、動転のあまり1人の少年をはねとばしてしまう。′その死んだ8歳の少年はパコの弟だった。ミックは簡易裁判所で判決を受け、レインフォード少年刑務所送りとなったのだ。ミックを愛するクラス・メイトのJC(アリー・シーディ)ただ1人に見送られて、ミックは少年刑務所に向かった。15歳のユダヤ少年ホロウィッツ(エリック・ガリー)といっしょの部屋になったミックは、3人も人を殺したというホロウィッツに驚きの日を向けた。厚い扉の内側は、悪夢のような世界だった。しかしTVや飲物の設備は整い院内での人権は最大限に守られていた。ミックは、ボスを気取るヴアイキング(クランシー・ブラウン)とトウィーティ(ロバート・リー・フッシュ)にたえず睨まれていた。ある夜、ヴァイキングらに狙われたミックは、彼らを叩きのめし独房に放り込まれた。独房から戻った時新しいボスの座がミックを待ってい.た。ホロウィッツは副官だ。いつの間にか2人の間には友情が芽生えていた。一方シカゴでは、パコの復讐が始まっていた。JCは彼に犯され、その事を知ったミックはショックを受ける。JCに会うために脱走したミックは彼女に会い優しく慰めた。待ちかまえていたラモン監督官(レニ・サントーニ)に連れられてレインフォードに戻ってゆく彼。やがてパコがレインフォードに送り込まれてきた。そしてミックはパコとの死を賭けた最後の闘いを展開した。ナイフをふりかざすミック。振りおろしたナイフは、しかしパコをさけ床につきささった。ミックはパコに勝ったのだった。



■解説

少年院を舞台に世間から恐れられている少年たちの内面を描く青春映画。製作はロバート・H・ソロ、監督はリック・ローゼンタール、撮影はブリース・サーティーズとドナルド・ソーリン、音楽はビル・コンティが担当。出演はショーン・ペン、アリー・シーディ、エリック・ガリーなど。日本版字幕は進藤光太。カラー、ビスタサイズ。1983年作品。

  • 1985年2月9日 より

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ(1983)

■スタッフ

監督 リック・ローゼンタール (Rick Rosenthal)
脚本 リチャード・ディレロ (Richard Dilello)
製作 ロバート・H・ソロ (Robert H. Solo)
撮影 ブルース・サーティース (Bruce Surtees) ドナルド・ソーリン (Donald Thorin)
音楽 ビル・コンティ (Bill Conti)
字幕 進藤光太 (Kota Shindo)

■キャスト

俳優名 役名
ショーン・ペン (Sean Penn)  Miick_O'Brien
アリー・シーディ (Ally Sheedy)  J._C._Walenski
イーサイ・モラレス (Esai Morales)  Paco_Moreno
レニ・サントーニ (Reni Santoni)  Ramon_Herrea
エリック・ガリー (Eric Gurry)  Horowitz
クランシー・ブラウン (Clancy Brown)  Viking_Lofgren
アラン・ラック (Alan Ruck)  Carl_Brennan
ロバート・リー・ラッシュ (Robert Lee Rush)  Tweety
Omar S. Sauders (Omar S. Sauders)  Johnson

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!