映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 嘘('63)

増村監督、吉村監督、衣笠監督のオムニバス

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「愛さなければ傷つかないわ、あたし処女は守る、高く売らなければならないから」という万里子は短大生、彼女のノートには六本木族の菊村葉介から三十二歳のプレイボーイ、大垣秀夫に至る四人のボーイフレンドの評価が記されてある。毎日この四人を巧みなかけもちでデイトする。しかし、本命の葉介をアパートに訪ね、そこで彼に抱かれている女友達の美恵を見た時、万里子の行動は変った。挑むように身体を投げ出した万里子は葉介とその夜を共にした。翌朝、二人の間にはある種の感情が芽生えたかに見えた。「後悔はしない、やり直す自信はある」と胸をはって出て行く万里子の顔は明日をみつめていた。



■解説

第一話「素晴らしい悪女」の白坂依志夫が脚本を執筆、「黒の報告書」の増村保造が監督、撮影は「背広の忍者」の石田博。第二話「陽気な殿様」の笠原良三が脚本を執筆。「その夜は忘れない」の吉村公三郎が監督、撮影は「温泉芸者」の小原譲治。第三話「しとやかな獣」の新藤兼人が脚本を執筆、「お琴と佐助」の衣笠貞之助が監督、撮影は「停年退職」の渡辺公夫。オムニバス映画。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1963)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 増村保造 (Yasuzo Masumura) 吉村公三郎 (Kozaburo Yoshimura) 衣笠貞之助 (Kinugasa Teinosuke)
脚本 白坂依志夫 (シラサカヨシオ) 笠原良三 (カサハラリョウゾウ) 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
企画 藤井浩明 (Hiroaki Fujii) 三輪孝仁 川崎治直
撮影 石田博 (イシダヒロシ) 小原譲治 (オバラジョウジ) 渡辺公夫 (ワタナベキミオ)
美術 井上章 (イノウエアキラ) 渡辺竹三郎 (ワタナベタケサブロウ) 仲美喜雄 (ナカミキオ)
音楽 芥川也寸志 (アクタガワヤスシ) 橋本国雄 (ハシモトクニオ) 芥川也寸志 (アクタガワヤスシ) 芥川也寸志 (アクタガワヤスシ)
録音 須田武雄 (スダタケオ) 西井憲一 (ニシイケンイチ)
照明 柴田恒吉 (シバタツネキチ) 木村辰五郎 (キムラタツゴロウ) 渡辺長治
編集 仲静達治 鈴木東陽 (スズキトウヨウ) 鈴木東陽 (スズキトウヨウ)
スチル 柳沢英雄 薫森良民 板垣公章

■キャスト

俳優名 役名
滝瑛子 (タキエイコ)  林万里子
ジェリー藤尾 (ジェリーフジオ)  菊村葉介
仲村隆   植野次郎
鹿内孝 (シカウチタカシ)  山田義昭
小林勝彦 (コバヤシカツヒコ)  大垣秀夫
江波杏子 (Enami Kyoko)  竹中美恵
潮万太郎 (ウシオマンタロウ)  林心平
村瀬幸子 (ムラセサチコ)  林年子
青柳直人 (アオヤギナオト)  林俊次
村田扶実子 (ムラタフミコ)  アメ横のおばさん
三角八郎 (ミスミハチロウ)  クロークの男
森矢雄二 (モリヤユウジ)  ボーリングの青年
山中雄司   ボーリングの青年
叶順子 (カノウジュンコ)  晴海新子
川崎敬三 (カワサキケイゾウ)  仙崎康夫
益田喜頓 (マスダキイトン)  山中重兵衛
山茶花究 (サザンカキュウ)  望月
穂高のり子 (ホダカノリコ)  道子
大辻伺郎 (オオツジシロウ)  タカシ
渋沢詩子 (シブサワウタコ)  とよ子
早川雄三 (ハヤカワユウゾウ)  後藤
町田博子 (マチダヒロコ)  重役夫人
大川修 (オオカワオサム)  岡田
網中一郎   運転手
乙羽信子 (Otowa Nobuko)  道代
森光子 (Mori Mitsuko)  安子
中田康子 (ナカタヤスコ)  時枝
船越英二 (フナコシエイジ)  田代幾馬
宇津井健 (Ken Utsui)  警部補
原田玄 (ハラダゲン)  刑事
滝沢修 (Osamu Takizawa)  裁判長
北原義郎 (キタハラヨシロウ)  検事
丸山修 (マルヤマオサム)  判事A
伊東光一 (イトウコウイチ)  判事B
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)  弁護士
此木透   廷丁

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!