• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース

    (原題:20,000 DAYS ON EARTH)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1957年、オーストラリアに生まれたニック・ケイヴは、バースデイ・パーティ等いくつかのバンド活動を経て、84年にニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズを結成、デビュー・アルバム『フロム・ハー・トゥ・エターニティ』をリリースする。その後もアルバムを発表し続け、2013年の『プッシュ・ザ・スカイ・アウェイ』は、キャリア史上最も成功した作品となった。また、ヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」やブラッド・ピッドの出世作「ジョニー・スエード」では俳優として、ジョン・ヒルコート監督の「欲望のバージニア」では、脚本と音楽を担当。同時に、「キング・インク」などの詩集や小説『神の御近い』を発表し作家としての才能も開花させていった。本作は、心理学者ダイアン・リーダーによるニック・ケイヴへのインタビューやライヴ、アーカイブ映像を織り交ぜながら、彼の生誕20,000日目を見つめていく。劇中、ニックがハンドルを握る車に思いもよらぬ同乗者が現れる。これまでのニックの人生に大きな影響を与えた人々――かつてデュエット曲が大ヒットを遂げ、ニックの名を世に知らしめるきっかけを作った歌姫、カイリー・ミノーグ。そしてニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズの創設メンバーであったアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのブリクサ・バーゲルト。脱退以来、わだかまりが残り、連絡を取り合うこともなくなっていた二人が、車中という“フィクション”の世界の中で、積年の思いを率直にぶつけ合い“現実”の会話を交わしていく……。



■解説

オーストラリア出身のミュージシャンであり、作家・脚本家・画家・俳優としても活躍するニック・ケイヴの生誕20,000日目を見つめる異色音楽ドキュメンタリー。インタビューやライヴ、アーカイブ映像等を自在に織り交ぜ、彼がどのような人生を送り、何を考え、その唯一無二の発想の裏にどんな秘密が隠されているのかを浮き彫りにする。

  • 2015年2月7日 より

  • 配給:トランスフォーマー
  • 製作国:イギリス(2014)

■スタッフ

監督 イアン・フォーサイス (Iain Forsyth) ジェーン・ポラード (ジェーン・ポラード)
脚本 イアン・フォーサイス (Iain Forsyth) ジェーン・ポラード (ジェーン・ポラード) ニック・ケイヴ (Nick Cave)
製作総指揮 ハニ・ファルシ (Hani Farsi) アンナ・ヒッグス (Anna Higgs)
製作 ジェームズ・ウィルソン (James Wilson) ダン・ボウエン (Dan Bowen)
撮影監督 エリック・ウィルソン (Erik Wilson)
美術 サイモン・ロジャーズ (Simon Rogers)
音楽 ニック・ケイヴ (Nick Cave) ウォーレン・エリス (Warren Ellis)
編集 ジョナサン・エイモス (Jonathan Amos)
日本語字幕 ブレインウッズ (ブレインウッズ)

■キャスト

俳優名 役名
ニック・ケイヴ (Nick Cave) 
ブリクサ・バーゲルト (Blixa Bargeld) 
レイ・ウィンストン (Ray Winstone) 
ウォーレン・エリス (Warren Ellis) 
カイリー・ミノーグ (Kylie Minogue) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!