映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章

時間がきたらドカンだぜ。シリーズ第4章

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

遂にその姿を現し、熱海の街を焼き尽くす大怪獣!しかし、それは財政復活を目論む市長の陰謀だった…。真実を追い求める海洋学者・七海に権力の魔の手が迫る中、どっちつかずの傍観を決め込む特車二課。怪しげな映画プロデューサーの演出もあり、ますますエスカレートする怪獣騒ぎを知ってか知らずか、網代湾に度々浮かび上がる謎の巨大海棲生物。そして自衛隊の出動を目前に、イングラムのリボルバーカノンが火を噴くとき、大怪獣の真実が明らかになる!(エピソード6 大怪獣現わる 後編)「特車二課に爆弾を仕掛けた」突然の電話に戸惑う二課メンバーをあざ笑うかの様に爆発する山崎の鳥小屋。しかしそれは、ほんと予告にすぎなかった…。二課棟オフィスが大爆発するに至って始まる、棟内の大捜索。警官にあるまじき禁制品の数々が、わんさと出てくる中、またもや巻き起こる大爆発。やむなく緊急避難を余儀なくされた特車二課に迫る、さらなる大型爆弾の罠。果たして爆弾は、どこにいくつ仕掛けられているのか!?(エピソード7 タイムドカン)



■解説

1988年以降、コミック・ビデオグラム・映画・小説など先駆的にメディアミックス展開を繰り広げ、世代を超えた多くのファンを獲得し、アニメ史に残る空前の大ヒットを記録した「機動警察パトレイバー」シリーズ。アニメシリーズでも監督を務めた押井守を総監督に迎え、登場人物も世代交代した完全オリジナル新作のプロジェクト「THE NEXT GENERATION パトレイバー」。シリーズ12話を劇場上映用にシリーズ全7章として構成し、本作はその第4章(エピソード6、エピソード7)に当たる。(作品資料より)

  • 2014年8月30日 より 全国にて

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2014)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • SF/ファンタジー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

総監督 押井守 (オシイマモル)
監督 押井守 (オシイマモル) 湯浅弘章 (ユアサヒロアキ)
脚本 押井守 (オシイマモル) 山邑圭 (ヤマムラケイ)
原案 ヘッドギア (ヘッドギア)
製作総指揮 植村徹 (ウエムラトオル)
エグゼクティブプロデューサー 二宮清隆 (ニノミヤキヨタカ) 秋元一孝 (アキモトカズタカ)
製作 吉田健太郎 関根真吾 (セキネシンゴ)
プロデューサー 宮下俊 宮本泰宏 (ミヤモトヤスヒロ) 伊達毅 鷹木純一 (タカギジュンイチ)
撮影 工藤哲也 (クドウテツヤ) 早坂伸 (ハヤサカシン)
美術 上條安里 (ジョウジョウアンリ)
音楽 川井憲次 (カワイケンジ) 川井憲次 (カワイケンジ)
録音 岩丸恒 (イワマルヒサシ)
照明 藤田貴路 (フジタタカミチ)
編集 太田義則 (オオタヨシノリ)

■キャスト

俳優名 役名
真野恵里菜 (マノエリナ)  泉野明
筧利夫 (Toshio Kakei)  後藤田継次
福士誠治 (Seiji FUkushi)  塩原佑馬
太田莉菜 (オオタリナ)  カーシャ
千葉繁 (チバシゲル)  シバシゲオ
堀本能礼 (Yoshinori Horimoto)  大田原勇
田尻茂一 (タジリシゲカズ)  山崎弘道
しおつかこうへい   御酒屋慎司
藤木義勝 (フジキヨシカツ)  淵山義勝
鈴木敏夫 (Toshio Suzuki) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!