映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 狂気の行方

    (原題:My Son, My Son, What Have Ye Done)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

カリフォルニア州サン・ディエゴ。パトロール中の刑事ハンクは、若い俳優ブラッドが母親を刺殺し、人質を取って自宅に立てこもっているという一報を受ける。現場に着いたハンクが見たのは、フラミンゴの装飾で彩られた家だった。殺された母親は、ブラッドを溺愛し成長した今でも過保護に接していたらしく、周囲からも変わり者という評判だった。事件を聞きつけ、ブラッドの婚約者イングリッドと舞台監督のリーが駆けつける。ハンクは投降するようにブラッドの説得に当たるのだが……。



■解説

母親を刺殺し家に立てこもる青年と、彼に投降を呼びかける刑事を描く、実際に起きた実母殺害事件を題材としたドラマ。監督は「バッド・ルーテナント」のヴェルナー・ヘルツォーク。プロデュースは「インランド・エンパイア」のデヴィッド・リンチ。出演は「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」のマイケル・シャノン、「実験室KR-13」のクロエ・セヴィニー、「アンチクライスト」のウィレム・デフォー。2011年6月11日より東京・シアター・イメージフォーラムにて開催された「ヘルツォーク傑作選2011」にて上映。

  • 2011年6月11日 より

  • 配給:パンドラ(協力 東北新社=アダンソニア=朝日新聞社=German Film=ジャンルプロジェクト)
  • 製作国:アメリカ ドイツ(2009)

■スタッフ

監督 ヴェルナー・ヘルツォーク (Werner Herzog)
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク (Werner Herzog) ハーバート・ゴールダー (Herbert Golder)
製作総指揮 デイヴィッド・リンチ (David Lynch) ビンゴ・グベルマン (Bingo Gubelmann) ベンジー・コーン (Benji Kohn) ジュリアス・モーク (Julius Morck) スティアン・モーク (Stian Morck) クリス・パパヴァジリウ (Chris Papavasiliou) ジェフ・ライス (Jeff Rice) アリ・ラウナギー (Ali Rounaghi) オースティン・スターク (Austin Stark)
製作 エリック・バセット (Eric Bassett)
共同製作 リック・スパッラ (Rick Spalla)
撮影 ペーター・ゼートリンガー (Peter Zeitlinger)
美術 ダニー・コールドウェル (Danny Caldwell)
音楽 エルンスト・レイスグル (Ernst Reijseger)
編集 ジョー・ビニ (Joe Bini) オマール・ダヘール (Omar Daher)
衣裳デザイン マイクル・パディーヤ (Mikel Padilla)
キャスティング ジェニ・ジュウ (Jenny Jue) ジョアンナ・レイ (Johanna Ray)

■キャスト

俳優名 役名
マイケル・シャノン (Michael Shannon)  Brad McCullum
ウド・キアー (Udo Kier)  Lee Meyers
ウィレム・デフォー (Willem Dafoe)  Detective Hank Havenhurst
マイケル・ペーニャ (Michael Pena) 
クロエ・セヴィニー (Chloe Sevigny)  Ingrid
グレイス・ザブリスキー (Grace Zabriskie)  Mrs. McCullum

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!