映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 白鳥('66)

西河克己が監督した純愛もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

麗子は大学を卒業したら昭一と結婚することに決まっていたが、叔父の古本屋で洋書を万引きした近藤を知ってから、その決心も動揺し始めた。近藤は運送会社に働く貧しい青年で、しかも、不治の病いに床に就いている妹千津を抱えている。医者の話では千津の命はあと半年と言われて近藤は、人殺しでも、強盗でも、千津が助かるなら何でもやる、と麗子に語る。今まで苦労なしに育った彼女は、この兄妹を知ってから変った。昭一はそんな麗子が心変りしたのではないかとなじったが、麗子は黙っていた。そして、昭一は麗子に愛の証しを求めたが、近藤に惹かれつつある麗子は拒んだ。二人の男を愛する女、麗子は万葉集の中に自分と同じ愛の苦悩から自殺した女の歌を知って、考え込んだ。そして、父の孝一郎に昭一との婚約を取り消して欲しいと言う。だが孝一郎はそれはふしだらな女のすることだと怒り、その上、麗子は実は、死んだ母が叔父との間に生れた子供であることを口にしてしまった。



■解説

「沈丁花」の松山善三が自身の原作を脚色し、「絶唱(1975)」の西河克己が監督した純愛もの。撮影はコンビの高村倉太郎。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー

■スタッフ

監督 西河克己 (ニシカワカツミ)
脚色 松山善三 (マツヤマゼンゾウ)
原作 松山善三 (マツヤマゼンゾウ)
企画 山本武 (ヤマモトタケシ)
撮影 高村倉太郎 (タカムラクラタロウ)
美術 佐谷晃能
音楽 林一 (ハヤシハジメ)
録音 米津次男 (ヨネヅツギオ)
照明 河野愛三 (コウノアイゾウ)
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
スチール 目黒祐司 (メグロユウジ)

■キャスト

俳優名 役名
清水将夫 (シミズマサオ)  小林孝一郎
新井麗子 (アライレイコ)  孝一郎の妻
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)  小林麗子
夏川静江 (ナツカワシズエ) 
下元勉 (シモモトツトム)  小林研二
関口宏 (セキグチヒロシ)  小宮山昭一
渡哲也 (Tetsuya Watari)  近藤淳
二木てるみ (ニキテルミ)  近藤千津
久遠利三 (クドウトシゾウ)  本屋の客
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)  朝鮮人
村上和也 (ムラカミカズヤ)  丸菱通運職員
奥野信太郎 (オクノシンタロウ)  大学の教授

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!