映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 劇場版gdgd妖精sっていう映画はどうかな…?

過去最多アドリブ量で劇場に登場!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ピクピク、シルシル、コロコロは“妖精の森”に住む妖精さん。森のおうちに集まって仲良くお話したり、自由に魔法を使えちゃう。メンタルとタイムのルームで思いっきり遊んだり、ほかの世界を覗き見できちゃうアフレ湖で色々な想像をしてみたり…そんなコミカルな毎日を過ごしていた妖精たちに、突如として不穏な出来事が…。シルシルはある晩、魔女による悪夢にうなされ運命の呪いを告げられる。予知夢の内容や仲間の妖精たちが無残にも魔女たちに次々と亡き者にされる悲惨な光景であった。背負った運命を変えるため、シルシルはひとり森のおうちを後に龍の玉を求め、危険度MAXのグンマー国へ旅立つ。森のおうちに残された手がかりをもとに、シルシルに迫る危険を感じ後を追うピクピクとコロコロ。シルシルの挑戦に立ちはだかるものとはいったい何なのか、道中に潜むトラップは、果たしてその結末は……。



■解説

2011年秋、深夜アニメとしてひっそりと産声をあげたCGアニメ「gdgd妖精s」。3妖精が織り成す、後引く“萌え”“ギャグ”“アドリブ”の妙味!劇場版となった本作は、gdgd感はそのままに、“Peeping Life”で脱力系アニメの新境地を拓いた森りょういちを脚本に迎え、ゲストキャストには日本のポップカルチャーを世界へ導くでんぱ組.incが参加している。(作品資料より)

  • 2014年9月27日 より 角川シネマ新宿ほか全国にて

  • 配給:ポニーキャニオン
  • 製作国:日本(2014)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 菅原そうた
脚本 森りょういち (Ryoichi Mori) 長部一幸 (オサベカズユキ)
原案 菅原そうた
企画 別所敬司 福原和晃 (フクハラカズアキ) 古川陽子 尾山仁康 岩崎拓矢 (イワサキタクヤ)
プロデューサー 別所敬司 福原和晃 (フクハラカズアキ) 鎗水善史 北澤晋一郎
アニメキャラクター・デザイン 菅原そうた
音響監督 久保宗一郎
録音 今泉武
音響効果 徳永義明
選曲 徳永義明
イラスト 為壮顕
題字/タイトル 成沢秀之 為壮顕
出演(声) 三森すずこ (ミモリスズコ) 水原薫 (ミズハラカオル) 明坂聡美 (アケサカサトミ) 三森すずこ (ミモリスズコ) 水原薫 (ミズハラカオル) 明坂聡美 (アケサカサトミ) 森夏姫 (モリナツキ) 野沢聡 (ノザワソウ) 宮本崇弘 (ミヤモトタカヒロ) 宮本崇弘 (ミヤモトタカヒロ) 森りょういち (Ryoichi Mori) 古川未鈴 (フルカワミリン) 相沢梨紗 (アイザワリサ) 夢眠ねむ (ユメミネム) 成瀬瑛美 (ナルセエイミ) 最上もが (モガミモガ) 藤咲彩音 (フジサキアヤネ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!