映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 江戸へ百七十里

森一生が監督した明朗時代劇映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある日、津山十万石の国許家老、中橋茂右衛門を訪れた一人の若者があった。男は、藩主小森佐渡守高久の落胤、長谷部平馬と名のった。茂右衛門は周章狼狽した。何故なら、小森家は、正嫡亀之助を推す茂右衛門一派と、妾腹の千代五郎を後嗣にという次席家老手塚勘解由支持の一派とがお家騒動を起していたからだ。小森家との絶縁条件として大金を懐にした平馬は旅に出た。途中、ヒョンなことから松平福姫と知り合い忽ち意気投合。姫の口から明日半強制的に亀之助とお見合させられると聞いて軽い義憤を覚える。その夜、平馬は茂右衛門の枠、中橋茂太郎の訪問を受け、瓜二つの亀之助の替え玉として明日のお見合をしてくれと懇願された。



■解説

週刊読売連載森一生が監督した明朗時代劇「香港の星」の笠原良三が脚色、「新・悪名」の森一生が監督した明朗時代劇。撮影もコンビの今井ひろし。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1962)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇

■スタッフ

監督 森一生 (Kazuo Mori)
脚色 笠原良三 (カサハラリョウゾウ)
原作 山手樹一郎 (ヤマテキイチロウ)
企画 財前定生
撮影 今井ひろし (イマイヒロシ)
美術 西岡善信 (ニシオカヨシノブ)
音楽 齋藤一郎 (Ichiro Saito)
録音 林土太郎 (ハヤシツチタロウ)
照明 岡本健一 (Kenichi Okamoto)
編集 谷口孝司 (タニグチタカシ)
スチル 三浦康寛

■キャスト

俳優名 役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  長谷部平馬
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  小森亀之助
瑳峨三智子 (サガミチコ)  松平福姫
二代目中村鴈治郎 (ナカムラガンジロウ)  塚越助左衛門
真城千都世 (マキチトセ) 
島田竜三 (シマダリュウゾウ)  宍戸丈之進
柳永二郎 (ヤナギエイジロウ)  土井信濃守
五月みどり (サツキミドリ)  桔梗
千葉敏郎 (チバトシオ)  関屋十三郎
日高晤郎 (Goro Hidaka)  中橋茂太郎
千石泰三   小堀孫作
荒木忍 (アラキシノブ)  中橋茂右衛門
市川謹也 (イチカワキンヤ)  手塚勘解由
玉置一恵 (タマキカズエ)  与力
石原須磨男 (イシハラスマオ)  百姓
尾上栄五郎 (オノエエイゴロウ)  杉岡
香川良介 (カガワリョウスケ)  大坪兵太夫
春日清 (カスガキヨシ)  中山
桜井勇 (サクライイサム)  刺客一
芝田総二 (シバタソウジ)  茶店のおやじ
沖時男 (オキトキオ)  長島権之助
横山文彦 (ヨコヤマフミヒコ)  木村庄太夫
堀北幸夫 (ホリキタユキオ)  大場鬼七
丸凡太   客引き
岩田正 (イワタタダシ)  奉行所役人
森宏之 (ミナミヒロユキ)  刺客二
志賀明 (シガアキラ)  覆面一
井上武夫 (イノウエタケオ)  大崎郷内
大杉潤 (オオスギジュン)  小森家仲間A
小南明 (コミナミアキラ)  相模屋の番頭
愛原光一 (アイハラコウイチ)  中橋家供侍一
西岡弘善 (ニシオカヒロヨシ)  小森家家臣
薮内武司   鎌田治部
木村玄   中橋家供侍二
谷口昇   覆面二
藤春保   上屋敷の家来
有村淳 (アリムラジュン)  刺客三

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!