映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ニンフォマニアック Vol.1

  • R-18

色情狂の女性の半生を、詩的かつ滑稽に

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

寒さが身にしみるある冬の日の夕暮れ、孤独な初老の独身男性セリグマンは裏通りでジョーという女性がケガを負って倒れているのを見つける。セリグマンはジョーを部屋に連れ帰り手当てを施し、回復した彼女に尋ねた。「いったい何があったのか」と。するとジョーは自身の生い立ちについて、そして性体験について赤裸々に語り始めた。それは、みずからをニンフォマニアック(色情狂)と認めた女性の、驚くような物語だった。



■解説

カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得した『ダンサー・イン・ザ・ダーク』をはじめ、新作を発表するたびその衝撃的な内容が物議を醸すラース・フォン・トリアー監督。そんな彼の最新は、過剰にセックスを求め色情狂を自認する女性の経歴を詩的かつ滑稽に描いたドラマだ。本作は8つの章立てを2部作に分けたうちの、第1〜5章にあたる前編。『アンチクライスト』『メランコリア』に続いて、トリアー監督作出演となったシャルロット・ゲンズブールが、主人公ジョーを演じる。快楽を求めて不特定多数の相手と関係を持つ女性─そんなセンセーショナルな役どころを体当たりで演じた。若きジョーを演じるステイシー・マーティンの清楚な美しさも印象的。

  • 2014年10月11日 より 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国にて順次公開

  • 配給:ブロードメディア・スタジオ
  • 製作国:デンマーク=ドイツ=フランスほか(2013)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ラース・フォン・トリアー (Lars von Trier)
脚本 ラース・フォン・トリアー (Lars von Trier)
エグゼクティブプロデューサー マリー・セシリエ・ゲイド (Marie Cecilie Gade) ペーター・ガーデ (Peter Garde) ピーター・アールベーク・ジェンセン (ピーターアールベークジェンセン)
製作 ルイーズ・ヴェス (Louise Vesth)
共同製作 マリアンヌ・スロ ベルト・ハーメリンク マデリーン・エクマン
撮影 マヌエル・アルベルト・クラロ (Manuel Alberto Claro)
プロダクション・デザイン シモーネ・グラウ (Simone Grau)
音楽監修 ミケル・マルタ
衣裳デザイン マノン・ラスムッセン (Manon Rasmussen)
キャスティング デズ・ハミルトン (Des Hamilton)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
シャルロット・ゲンズブール (Charlotte Gainsbourg)  Joe
ステラン・スカルスガルド (Stellan Skarsgard)  Seligman
ステイシー・マーティン (Stacy Martin)  Young Joe
シャイア・ラブーフ (Shia LaBeouf)  Jerome
クリスチャン・スレーター (Christian Slater)  Joe's Father
ジェイミー・ベル (Jamie Bell)  K
ユマ・サーマン (Uma Thurman)  Mrs.H
ウィレム・デフォー (Willem Dafoe)  L
ミア・ゴス (Mia Goth)  P
ソフィ・ケネディ・クラーク (Sophie Kennedy Clark)  B
コニー・ニールセン (Connie Nielsen)  Joe's Mother
ジャン・マルク・バール (Jean-Marc Barr)  Debtor gentleman
ウド・キアー (Udo Kier)  The Waiter

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!