映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • あいときぼうのまち

4世代、70年にわたる一家の愛と挫折の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1945年福島県石川町。15歳の英雄は、毎日ウラン採掘に明け暮れていた。そんな彼に、陸軍技術将校の加藤が天然ウランを探している事を伝える。1966年福島県双葉町。原発建設反対を貫く英雄は地域で孤立し、娘の愛子の職は見つからず、恋人・健次も彼女を避けていた。2011年震災前、親子2代で東京電力に勤務していた健次は、息子をガンで失う。その直後、Facebookを通じて愛子と再会。2011年震災後、彼女の孫娘・怜は見知らぬ男に体を売っていた。



■解説

福島の「浜通り」を舞台に、4世代70年にわたり、日本の原子力エネルギー政策に翻弄される一家の愛と挫折の物語。戦争末期の1945年、原発の誘致に揺れる1966年、大震災の2011年、そして震災後と、4つの時制を交錯させる巧みな構成で描いた人間ドラマ。メガホンをとったのは福島県出身の脚本家、菅乃廣。本作が監督デビュー作となる。父親とのあるエピソードからいつか原発を描こうと思っていた菅乃監督の、執念の結晶と言ってもいい渾身作。脚本は故・若松孝二監督の弟子で、『戦争と一人の女』で長編初監督を務めた井上淳一が手掛けている。4つの時代にわたる家族のドラマを交錯させ、“3.11”、そしてラストへと収斂(しゅうれん)させていく語り口は見事。

  • 2014年6月21日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:太秦
  • 製作国:日本(2013)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 菅乃廣
脚本 井上淳一 (イノウエジュンイチ)
エグゼクティブプロデューサー 鈴木直之
プロデューサー 倉谷宣緒 (クラタニノリオ)
撮影監督 鍋島淳裕 (ナベシマアツヒロ)
美術 鈴木伸二郎 (スズキシンジロウ)
音楽 榊原大
主題曲/主題歌 坂本龍一 (Ryuichi Sakamoto)
録音 土屋和之 (ツチヤカズユキ)
照明 三重野聖一郎 (ミエノセイイチロウ)
編集 蛭田智子
衣裳デザイン 佐藤真澄

■キャスト

俳優名 役名
夏樹陽子 (ナツキヨウコ) 
勝野洋 (カツノヒロシ) 
千葉美紅 (チバミク) 
黒田耕平 (クロダコウヘイ) 
大谷亮介 (オオタニリョウスケ) 
大池容子 (オオイケヨウコ) 
伊藤大翔 (イトウヒロト) 
大島葉子 (オオシマハコ) 
沖正人 (オキマサト) 
杉山裕右 (スギヤマユウスケ) 
里見瑤子 (サトミヨウコ) 
笠兼三 (リュウケンゾウ) 
瀬田直 (セタナオ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!