映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • LUCY/ルーシー

  • PG-12

リュック・ベッソンが描く人間の脳の可能性

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

台北のホテルを訪れたルーシーは、韓国人マフィアの取引に巻き込まれ、運び屋として体内にある物質を埋め込まれてしまう。しかし、その物質が体内で漏れ出して吸収され、彼女の脳に異変が現れる。通常、人間の脳は10%しか機能していないと言われるが、彼女の脳は覚醒し、その機能の範囲を広げていく。マフィアから逃げ出して脳科学者のノーマン博士にコンタクトを取ったルーシーは、手段を選ばずに博士のいるパリを目指す…。



■解説

類人猿から進化し、少しずつ発展してきた人類。その人間の脳は、全体の10%しか機能していないと言われている。果たして人間の脳の機能が100%覚醒したら、どのようになるのか?そんな疑問を、『レオン』『フィフス・エレメント』のリュック・ベッソンが映画化してみせた。薬品の作用で脳が覚醒し、サイボーグのように変化していく女性・ルーシーを演じたのは、『アベンジャーズ』などでおなじみのスカーレット・ヨハンソン。韓国人俳優チェ・ミンシクの怪演もなかなかの見もの。哲学的な展開ながらも、突如カーチェイスやトボけたアクションが始まったり、いかにもベッソン作品らしい。不思議な味わいを持つエンターテインメント作品と言えるだろう。

  • 2014年8月29日 より TOHOシネマズ 日本橋ほか全国にて

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:フランス(2014)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 リュック・ベッソン (Luc Besson)
脚本 リュック・ベッソン (Luc Besson)
製作総指揮 マーク・シュミューガー (Marc Shmuger)
製作 リュック・ベッソン (Luc Besson) クリストフ・ランバート
撮影 ティエリー・アルボガスト (Thierry Arbogast)
プロダクション・デザイン ユーグ・ティサンディエ (Hugues Tissandier) ユーグ・ティサンディエ (Hugues Tissandier)
音楽 エリック・セラ (Eric Serra)

■キャスト

俳優名 役名
スカーレット・ヨハンソン (Scarlett Johansson)  Lucy
モーガン・フリーマン (Morgan Freeman)  Professor Norman
アナリー・ティプトン (Analeigh Tipton)  Caroline
チェ・ミンシク (Choi Min-sik)  Mr. Jang
アムール・ワケド (Amr Waked)  Pierre Del Rio
ピルー・アスベック (Pilou Asbaek)  Richard

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!