映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 地の群れ

熊井啓が監督した社会ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和一六年。宇南少年は、炭坑で朝鮮人の少女を妊娠させ、少女の姉宰子に、その責任を追及された。「俺は知らんよ」少年は、ただその場かぎりの返答をして炭坑を去った。暗い時が流れた。成長した少年は、佐世保に診療所を開いていた。彼の患者に、明らかに、原爆病と思われる少女がいた。だが、母親の光子は、自分が被爆者であることを頑固に否定した。それというのも、佐世保には、海塔新田と呼ばれる被爆者の集落があり、その集落民と思われることを恐れてのことだった。字南の父は、原爆で死んだ。爆心地に、父を探し求めた彼自身もまた、放射能の被害を受けたかも知れない。さらに、自分が、被差別部落出身者であることを知った字南は、子供をつくるまいと決心した。妻の英子には、その夫の気持が理解できず、不毛のいさかいが続いた。



■解説

熊井啓と原作者の井上光晴が共同でシナリオを執筆、「黒部の太陽」の熊井啓が監督した社会ドラマ。撮影は墨谷尚之が担当した。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1970)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 熊井啓 (Kei Kumai)
脚色 熊井啓 (Kei Kumai) 井上光晴 (イノウエミツハル)
原作 井上光晴 (イノウエミツハル)
製作 大塚和 (オオツカカノ) 高島幸夫
撮影 墨谷尚之 (スミヤナオユキ)
美術 深民浩
音楽 松村禎三 (マツムラテイゾウ)
録音 太田六敏
照明 鈴木貞雄
編集 丹治睦夫
スチル 墨谷尚之 (スミヤナオユキ)

■キャスト

俳優名 役名
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)  宇南
松本典子 (マツモトノリコ)  英子
麦人 (Mugihito)  信夫
紀比呂子 (キノヒロコ)  徳子
奈良岡朋子 (Naraoka Tomoko)  光子
佐野浅夫 (サノアサオ)  勇次
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)  松子
宇野重吉 (Jukichi Uno)  宮地
岡倉俊彦 (オカクラトシヒコ) 
水原英子   宰子
原泉 (ハラセン)  金代
坂東調右衛門 (バンドウチョウエモン)  駒一
村田吉次郎 (ムラタキチジロウ)  仲川
杣英二郎   国領
市川祥之助 (イチカワショウノスケ)  男患者
市川岩五郎 (イチカワイワゴロウ)  小松
中村公三郎   ケロイドの男
中村鶴蔵 (ナカムラツルゾウ) 
瀬川菊之丞 (セガワキクノジョウ)  宇南の父

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!