映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • お吟さま('78)

今東光原作の同題名小説の映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

秀吉の茶頭・千利休の娘・吟は、五年ぶりにキリシタン大名高山右近を、父の名代で高槻城へ訪ねた。吟は二十歳になる今日まで嫁入りもせず、幼なじみの右近を慕い続けてきたのだったが、妻のある右近はキリシタンの教えにそむいてまで、吟の思いを受け入れようとはしなかった。利休は大阪城で、石田三成から吟の縁談を持ちかけられる。気の進まぬ吟は、高槻から明石へお国替え中の右近に心中をうちあけるが、彼は冷たくあしらうのだった。万代屋宗安に嫁いだものの、吟の右近に対する思いは増すばかりであった。天正十五年十月、北野の大茶の湯が催された際、吟の美貌に秀吉は激しく心を動かされる。三成と宗安は、吟を秀吉に差し出し、おのれの栄達を画策する。一方、キリシタン禁制の布令で身を隠していた右近のもとへ、吟は馬を走らせ、御身の危急を知らせる。



■解説

茶道の名匠・千利休の娘・吟の悲恋を描く、今東光原作の同題名小説の映画化。脚本は「京舞・四世井上八千代」の依田義賢、監督は「北の岬」の熊井啓、撮影は「ねむの木の詩がきこえる」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1978)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 熊井啓 (Kei Kumai)
脚本 依田義賢 (ヨダヨシカタ)
原作 今東光 (コントウコウ)
企画 大和新社株式会社
製作 松本常保 大志万恭子 下条宗夫 (シモジョウ)
制作補 井上徳太郎 (イノウエトクタロウ) 内山甲子郎 (ウチヤマコウシロウ)
撮影 岡崎宏三 (Kozo Okazaki)
美術 木村威夫 (Takeo Kimura)
音楽 伊福部昭 (イフクベアキラ)
録音 橋本泰夫 (ハシモトヤスオ) 太田六敏
照明 下村一夫 (シモムラカズオ)
編集 中静達治
助監督 宮川孝至 (ミヤガワタカヨシ) 辻井康一 (ツジイヤスカズ)
スチール 岩井隆志
時代考証 林美一
協力 株式会社淡交社

■キャスト

俳優名 役名
志村喬 (シムラタカシ)  千宗易利休
中野良子 (Ryoko Nakano)  お吟
梅野泰靖 (ウメノヤスキヨ)  千道安
高橋長英 (Choei Takahashi)  千少庵
岩崎加根子 (イワサキカネコ)  千宗恩
二代目中村吉右衛門 (ナカムラキチエモン)  高山右近
三船敏郎 (Toshiro Mifune)  豊臣秀吉
伊藤孝雄 (イトウタカオ)  石田三成
清川新吾 (キヨカワシンゴ)  浅野長政
千葉敏郎 (チバトシオ)  増田長盛
松本朝夫 (マツモトアサオ)  長束正家
伴勇太郎 (バンユウタロウ)  前田玄以
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)  安国寺恵瓊
加藤武 (Takeshi Kato)  施薬院全宗
三井魔平   おみの
原田大二郎 (ハラダダイジロウ)  万代屋宗安
原健策 (ハラケンサク)  今井宗久
井口海仙 (Kaisen Iguchi)  天王寺屋宗及
千政和 (センマサカズ)  細川三斉
伊東亮英 (イトウ)  住持
西村晃 (ニシムラコウ)  神屋宗湛
中村敦夫 (ナカムラアツオ)  山上宗二
岡田英次 (Eiji Okada)  小西行長
南部彰三 (ナンブショウゾウ)  高山ダリヨ
遥くらら (ハルカクララ)  右近の妻

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!