映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • トランセンデンス

人間の脳を機械に移植した時、彼は神になる

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

人工知能の研究をしているウィルは、ある日テロリストの銃弾を受ける。研究者でウィルの妻エヴリンは、余命間もないウィルを想うあまりコンピュータにウィルの頭脳をインストールすることを決意。友人の科学者マックスの力を借りて実験を続けるが、ウィルは息を引き取る。実験は失敗に終わったかに見えたが、やがてモニターからウィルの声が聞こえて来た。しかしウィルはネットに繋がることで、次第に大きな力を持つようになっていく。



■解説

ジョニー・デップの新作は、久しぶりにメイクなしの素顔。しかもデップが「現代もの」に出るのも、ずいぶんと久しぶりな気も。ということで珍しく等身大の役かと思えば、そこはデップ。映画の途中からは、コンピュータが合成したモニター上のデップとして登場するのだ。本作は「人間の意識をデータ化してコンピュータやネット上に読み込んだらどうなるか」というSFだ。忠実に再現した人工知能といえども、それはまったく同じではない別人なのか。そもそも感情はデータ化できるのだろうか。ストーリーからはダークな世界を想像するだろうが、意外や印象に残るのは “夫婦愛”だろう。製作総指揮は『インセプション』のクリストファー・ノーラン。監督はノーラン作品で撮影監督をつとめたウォーリー・フィスターで、彼の初監督作品となる。

  • 2014年6月28日 より 全国にて

  • 配給:ポニーキャニオン、松竹
  • 製作国:アメリカ(2014)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ウォーリー・フィスター (Wally Pfister)
脚本 ジャック・パグレン (Jack Paglen)
製作総指揮 クリストファー・ノーラン (Christopher Nolan) エマ・トーマス (Emma Thomas) ダン・ミンツ (Dan Mintz)
製作 アンドリュー・A・コソーヴ (Andrew A. Kosove) ブロデリック・ジョンソン (Broderick Johnson) ケイト・コーエン (Kate Cohen) マリサ・ポルビーノ (Marisa Polvino) アニー・マータ (Annie Marter) デイヴィッド・ヴァルデス (David Valdes) アーロン・ライダー (Aaron Ryder)
撮影 ジェス・ホール (Jess Hall)
プロダクション・デザイン クリス・シーガーズ (Chris Seagers)
音楽 マイケル・ダナ (Mychael Danna)
編集 デイヴィッド・ローゼンブルーム (David Rosenbloom)
衣裳デザイン ジョージ・エル・リトル (George L. Little)
キャスティング ジョン・パプシデラ (John Papsidera)

■キャスト

俳優名 役名
ジョニー・デップ (Johnny Depp)  Will Caster
モーガン・フリーマン (Morgan Freeman)  Joseph Tagger
レベッカ・ホール (Rebecca Hall)  Evelyn Caster
ケイト・マーラ (Kate Mara)  Bree
キリアン・マーフィー (Cillian Murphy)  Agent Buchanan
コール・ハウザー (Cole Hauser)  Colonel Stevens
ポール・ベタニー (Paul Bettany)  Max Waters
クリフトン・コリンズ・JR (Clifton Collins JR.)  Martin
コリー・ハードリクト (Cory Hardrict)  Joel Edmund
フォーク・ヘンチェル (Falk Hentschel)  Bob
ジョシュ・スチュワート (Josh Stewart)  Paul
ルース・レインズ (Luce Rains)  Roger

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!