映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • わが闘争('68)

中村登が監督した半生記もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

岡山市に住む堤家は、祖父の過失から濁った血の遺伝と貧困の家庭に転落した。知的障害者の姉秋乃を愛した怜子は、子供心にも結婚はすまい、まして子供は生むまいと決心していた。やがて怜子は自ら“乱れ星のお怜”と名乗り、いっぱしの不良少女になっていたが、心には、純粋なものを持っていた。また彼女は駅の売店に勤め同人雑誌の仲間に入って詩を作るという一面も持っていた。怜子が最初に愛したのはタケという男だったが、彼は人を刺して刑務所に行った。だが間もなく、怜子は最初の同人雑誌発表会の夜、同人の吉岡に処女を奪われてしまった。女は花嫁姿で泣きながら処女を失っていくものと考えていた怜子の感傷は無残にふみにじられ、その口惜しさに怜子は、吉岡を殺そうとまで思いつめた。しかし印刷工の渋川に止められ、不幸な生いたちの渋川とともに尾道で心中を図ったが果たされず、不幸な二人はその日、結ばれる。



■解説

堤玲子の同名小説(三一書房刊)を、「智恵子抄(1957)」の広瀬襄が脚色し、「爽春」の中村登が監督した半生記もの。撮影は「進め!ジャガーズ 敵前上陸」の竹村博。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1968)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 中村登 (Noboru Nakamura)
脚色 広瀬襄 (Joe Hirose)
原作 堤玲子 (ツツミレイコ)
企画 若槻繁
製作 白井昌夫 (シライマサオ)
撮影 竹村博 (タケムラヒロシ)
美術 横山豊 (ヨコヤマユタカ)
音楽 八木正生
録音 田中俊夫 (タナカトシオ)
照明 飯島博 (イイジマヒロシ)
編集 浦岡敬一 (Keiichi Uraoka)
スチル 堺謙一

■キャスト

俳優名 役名
吉田義夫 (ヨシダヨシオ)  堤又士
桑山正一 (クワヤママサカズ)  堤岩吉
野村昭子 (ノムラアキコ)  堤雅乃
岩本多代 (イワモトマスヨ)  堤秋乃
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)  堤怜子
香山美子 (Kayama Yoshiko)  堤時子
夏八木勲 (Isao Natsuyagi)  堤仙一
加賀まりこ (Kaga Mariko)  堤美也
入川保則 (イリカワヤスノリ)  渋川良
石坂浩二 (Koji Ishikawa)  山本靖
中山仁 (Jin Nakayama)  タケ
吉田日出子 (ヨシダヒデコ)  加代
曽我廼家一二三 (ソガノヤヒフミ) 
川津祐介 (カワヅユウスケ)  吉岡
星雅之 (ホシマサユキ)  西坂
倉田爽平 (クラタソウヘイ)  山口
金光満樹   三井
渡辺さゆり (ワタナベサユリ)  勝美
長門勇 (ナガトイサム)  年寄りの運転手
近藤準   中原課長
高木信夫 (タカギノブオ)  医師
桜むつ子 (サクラムツコ)  産婆
秋山みゆき (アキヤマミユキ)  怜子の少女時代
寺尾理恵 (テラオリエ)  時子の少女時代
太田実 (オオタミノル)  仙一の少年時代
穂積隆信 (ホヅミタカノブ)  マネージャー

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!