映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ほんだら捕物帖

“ほんだら”シリーズ第二作目

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

江戸後期。さる大藩の江戸上屋敷に、お人好しで正義感に溢れた馬廻り役、目白六平太が居た。だが、この種の善人が機構の中で住みにくいのは、今も昔も変りない。六平太は、この腐り切った侍社会に愛想をつかして、気楽な稼業とばかり長屋で浪人暮しを始めた。そうしたある日、三味線の師匠お勢という年増美人が、心臓を一突きにされて殺された。土地の岡っ引、花川戸の花七親分と子分の千八は、行動の怪しい盲の松の市、太鼓持ちの眼鯨、伊勢屋の若旦那栄之助らを取り調べるが、みんな各々にアリバイがあった。そんな時、こまり切った花七親分に、眼鯨が長屋に越してきた狼人目白六平太が怪しいと告げ口した。早速花七親分は、与力の安田伸山に逮捕状を請求するが、証拠不十分で断わられてしまった。が、そうするうちに、今度は当の六平太が、松の市が怪しいと言って来た。松の市は、実は眼が見えるというのだ。早速花七親分は松の市逮捕に向った。だが、すでに松の市は殺されていた。こまりきった花七の姿をみかねた花七の妻お勝は、六平太に援助を求めた。



■解説

前作「ほんだら剣法」でコンビの笠原良三がシナリオを執筆、森一生が監督した“ほんだら”シリーズ第二作目。撮影は「処女が見た」の牧浦地志。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1966)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 森一生 (Kazuo Mori)
脚本 笠原良三 (カサハラリョウゾウ)
企画 川崎治直
撮影 牧浦地志
美術 太田誠一 (オオタセイイチ)
音楽 萩原哲晶
録音 大谷巖
照明 伊藤貞一 (イトウ)
編集 谷口登司夫 (タニグチトシオ)
スチール 大谷栄一 (オオタニエイイチ)

■キャスト

俳優名 役名
犬塚弘 (イヌヅカヒロシ)  目白六平太
谷啓 (Kei Tani)  眼鯨
藤田まこと (Makoto Fujita)  遠山金四郎
ハナ肇 (Hajime_Hana)  花七
藤村志保 (Fujimura Shiho)  お勝
姿美千子 (スガタミチコ)  お蔦
石橋エータロー (イシバシエータロー)  栄之助
桜井センリ (サクライセンリ)  千八
安田伸 (ヤスダシン)  安田伸山
島田竜三 (シマダリュウゾウ)  松の市
小村雪子   お勢
藤岡琢也 (フジオカタクヤ)  宗仙
南条新太郎 (ナンジョウシンタロウ)  嘉市
玉置一恵 (タマキカズエ)  鬼島伝之進
原聖四郎 (ハラセイシロウ)  側用人
藤川準 (フジカワジュン)  久兵衛
越川一 (コシカワハジメ)  め組の熊造
堀北幸夫 (ホリキタユキオ)  やくざA
杉山昌三九 (スギヤマショウサク)  根岸兵庫

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!