映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 「通夜の客」より わが愛

五所平之助が監督した抒情編

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

敗戦後四年の秋の夜、新津礼作の通夜の席に、見知らぬ女客が現れ、死顔を素早くのぞきこみ、そそくさと去った。水島きよとだけいった。−−新津は戦争中、新聞記者として活躍したが、敗戦になると、一人だけで山へこもった。久しぶりの上京の時、突然、死んだのである。妻・由岐子と二人の子が残された。−−水島きよは淋しかった。死顔をのそきこんだ時、あの人の眉がピクリと動いた。何を言いたかったのだろう。きよが新津と初めて会ったのは、十七の時だった。彼はきよが身を寄せていた柳橋の叔母の待合に度々遊びにきた。芸者の秀弥といい仲だった。川開きの夜、きよは彼ら二人と飲み同室で寝た。新津がその時いった言葉《大きくなったら浮気しようね》が、きよには忘れられなかった。戦争は激しくなり、きよは成長した。縁談もあったが、断り続けた。南方の特派員から内地へ戻った新津が、ある晩、友達と訪ねてきた。上海へ発つことになったのだ。空襲の下で、きよは新津に身を投げかけていった。



■解説

井上靖の『通夜の客』を、「硫黄島(1959)」の八住利雄が脚色し、「からたち日記」の五所平之助が監督した抒情編。「伴淳の三等校長」の竹野治夫が撮影した。

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1960)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 五所平之助 (Heinosuke Gosho)
脚色 八住利雄 (ヤスミトシオ)
原作 井上靖 (イノウエヤスシ)
製作 坂井禅互
撮影 竹野治夫 (タケノハルオ)
美術 平川透徹 (ヒラカワトウテツ)
音楽 芥川也寸志 (アクタガワヤスシ)
録音 服部満洲雄 (ハットリマスオ)
照明 寺田重雄 (テラダシゲオ)
編集 相良久 (サガラヒサシ)

■キャスト

俳優名 役名
有馬稲子 (Ineko Arima)  水島きよ
佐分利信 (Shin Saburi)  新津礼作
丹阿弥谷津子 (Yatsuko Tanami)  新津由岐子
田代久美子 (タシロクミコ)  新津さくら
谷昌和 (タニマサカズ)  新津ひろし
高橋とよ (Toyo Takahashi)  おはん
川口京子 (カワグチキョウコ)  町子
河野秋武 (コウノアキタケ)  岡田次長
安部徹 (Tooru Abe)  吉村地方部長
笹川富士夫 (ササガワフジオ)  山東
陶隆司 (スエタカシ)  伊佐
青山宏 (アオヤマヒロシ)  加久
中台祥浩   土田
福岡正剛 (フクオカセイゴウ)  米井
石井トミコ (イシイトミコ)  まり
乙羽信子 (Otowa Nobuko)  秀弥
水原真知子 (ミズハラマチコ)  おうめ
東山千栄子 (ヒガシヤマチエコ)  親戚の老夫人
浦辺粂子 (ウラベクメコ)  おとめ
左卜全 (ヒダリボクゼン)  三造
左多美子   お文
中村是好 (ナカムラゼコウ)  吉見
関千恵子 (セキチエコ)  おはま
和歌浦糸子 (ワカウライトコ)  女一
小田切みき (オダギリミキ)  女二
鈴木房子 (スズキフサコ)  女三
夏木恵梨 (ナツキエリ)  女中
二葉和子 (フタバカズコ)  村の女千代
西村公恵   村の女よし子
椋橋麗子   村の女ひで
高岡成計   村の男才三
立花広二 (タチバナコウジ)  村の男清治
小田草之助 (オダソウノスケ)  村の男安吉

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!