映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 鑑定士と顔のない依頼人

  • PG-12

この世に偽装できないものはない

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ヴァージル・オールドマンは天才的鑑定眼を持ち、世界中の美術品を仕切るオークショニア。人間嫌いで、携帯電話も持たず、愛情を注ぐのは芸術品のみ。が、ある日舞い込んだ鑑定依頼がそんな人生を狂わせる。屋敷に訪ねて行っても依頼人のクレアは決して姿を現さない。実は広場恐怖症のため、隠し部屋に潜んでいるのだった。壁越しに会話を重ねるうちに、ヴァージルは一目クレアを見たいという欲望に駆られる。



■解説

観終わった瞬間、もう一度観たくなる。そんな心憎い映画である。『ニュー・シネマ・パラダイス』の名匠ジュゼッペ・トルナトーレに、まんまと一杯喰わされてしまうのだ。主人公を演じるのは、『英国王のスピーチ』の名優ジェフリー・ラッシュ。トルナトーレ監督が脚本執筆段階から、ラッシュをイメージしていたというとおり、まさにはまり役である。嫌みなほどのカリスマ性はもちろん、若い娘に恋する男の滑稽さと悲哀に満ちた孤独を演じて見事だ。構想20年の巧妙なストーリーに、盟友エンニオ・モリコーネの完璧な音楽が欠かせないのはもちろんのこと、今回は初のデジタル撮影に挑み、さらなる進化を遂げた傑作が誕生した。

  • 2013年12月13日 より TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開

  • 配給:ギャガ
  • 製作国:イタリア(2013)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ (Giuseppe Tornatore)
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ (Giuseppe Tornatore)
プロデューサー アルトロ・パグリア イザベラ・コカッツァ
撮影監督 ファビオ・ザマリオン (Fabio Zamarion)
美術 マウリツィオ・サバティーニ
音楽 エンニオ・モリコーネ (Ennio Morricone)
編集 マッシモ・クアッリア
衣装 マウリツィオ・ミレノッティ (Maurizio Millenotti)

■キャスト

俳優名 役名
ジェフリー・ラッシュ (Geoffrey Rush) 
ジム・スタージェス (Jim Sturgess) 
シルヴィア・フークス (Sylvia Hoeks) 
ドナルド・サザーランド (Donald Sutherland) 
フィリップ・ジャクソン (Philip Jackson) 
ダーモット・クロウリー (Dermot Crowley) 
リヤ・ケベデ (Liya Kebede) 
ジョン・ベンフィールド (John Benfield) 
Anton Alexander (Anton Alexander) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!