• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ヤマトは、イスカンダルとガミラスの存在するサレザー恒星系にワープアウトする。すると、高エネルギー体が突然ヤマトを襲う。ヤマトの窮地に艦長の沖田(声:菅生隆之)は、最大戦速で惑星ガミラスへ突入する命令を下す……。ガミラスとの死闘の末、ヤマトはイスカンダルへ到達する。ヤマトのクルーがイスカンダルの女王・スターシャ(井上喜久子)と謁見すると、彼女の口から思いもよらぬ言葉が出る……。コスモリバースシステムを受領し、地球へ帰還するヤマトは、行程短縮のため亜空間ゲートから銀河系へワープしようとバラン星へ向かう。しかしバラン星宙域では、ガミラス艦隊が密かにヤマトを待ち受けていた……。地球を目前にしたヤマト艦内では、伴侶を得る者、新しい命の息吹の誕生など、様々なドラマが展開していた。そしてヤマトのクルーたちが見上げる赤く焼けただれた地球に、ある奇跡が起こる……。



■解説

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク全26話の第23話から第26話を再編集した劇場版最終章。イスカンダルに到達し、地球へ帰還するヤマトの旅程を描く。総監督は、「トワノクオン」シリーズの出渕裕。声の出演は、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズの菅生隆之、「ねらわれた学園」の小野大輔。

  • 2013年8月24日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(2013)

■スタッフ

総監督 出渕裕 (イズブチユタカ)
シリーズ構成 出渕裕 (イズブチユタカ)
原作 西崎義展 (Yoshinobu Nishizaki)
キャラクター・デザイン 結城信輝 (ユウキノブテル)
ゲストキャラクター・プロップデザイン 山岡信一 (ヤマオカシンイチ)
チーフメカニカルディレクター 西井正典 (ニシイマサノリ)
メカニカルデザイン 玉盛順一朗 石津泰志 山根公利 (ヤマネキミトシ) 出渕裕 (イズブチユタカ)
撮影監督 青木隆 (アオキタカシ)
美術監督 前田実 (マエダミノル)
音楽 宮川彬良 (ミヤガワアキラ) 宮川泰 (ミヤガワヒロシ)
主題曲/主題歌 ささきいさお (ササキイサオ)
音響監督 吉田知弘 (ヨシダトモヒロ)
音響効果 西村睦弘 (ニシムラムツヒロ)
CGディレクター 今西隆志 (イマニシタカシ)
色彩設計/色指定 鈴城るみ子
チーフディレクター 榎本明広 (エノモトアキヒロ)
セットデザイン 高倉武史 (タカクラタケシ) 小林誠 (Makoto Kobayashi) 渡部隆 (Takeshi Watabe)
コンセプトデザイン協力 宮武一貴
出演(声) 菅生隆之 (スゴウタカユキ) 小野大輔 (オノダイスケ) 桑島法子 (クワシマホウコ) 鈴村健一 (スズムラケンイチ) 大塚芳忠 (オオツカホウチュウ) 麦人 (Mugihito) 千葉繁 (チバシゲル) 細谷佳正 (ホソヤヨシマサ) 赤羽根健治 (アカバネケンジ) 國分和人 (コクブンマサト) 千葉優輝 (チバユウキ) チョー (Cho) 田中理恵 (タナカリエ) 佐藤利奈 (サトウリナ) 平川大輔 (ヒラカワダイスケ) 藤原啓治 (フジワラケイジ) 土田大 (ツチダ) 伊勢文秀 高城元気 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 秋元羊介 (アキモトヨウスケ) 島香裕 (シマ) 宮本充 (ミヤモトミツル) 江原正士 (エバラマサシ) 玄田哲章 (ゲンダテッショウ) 石塚運昇 (イシヅカウンショウ) 小川真司 (オガワシンジ) 井上喜久子 (イノウエキクコ) 久川綾 (ヒサカワアヤ) 内田彩 (ウチダアヤ) 茅原実里 (チハラミノリ) 堀勝之祐 森田順平 (モリタジュンペイ) 大塚明夫 (オオツカアキオ) 若本規夫 (ワカモトノリオ) 関俊彦 (セキトシヒコ) はらさわ晃綺 (ハラサワコウキ) 遊佐浩二 (ユサコウジ) 森谷里美 (モリヤサトミ) 木島隆一 (キジマリュウイチ) 伊東静 (イトウシズカ) 青山穣 (アオヤマジョウ) 中村浩太郎 (ナカムラコウタロウ) 広瀬正志 (ヒロセマサシ) 中田譲治 (ナカダジョウジ) 佐藤せつじ (サトウセツジ) 辻新八 (ツジシンパチ) 諏訪部順一 (スワベジュンイチ) 里卓哉 (サトタクヤ) 吉開清人 (キヨカイキヨヒト) 三浦綾乃 (ミウラアヤノ) 江川大輔 (エガワダイスケ) 優希比呂 (ユウキヒロ) 大川透 (オオカワトオル) 小野塚貴志 (オノヅカタカシ) 岡村明美 (オカムラアケミ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!