映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Miss ZOMBIE

  • PG-12

彼女はゾンビか人間か、それとも母親か…?

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

医者の寺本と専業主婦の妻・志津子、幼い息子の健一が暮らす裕福で幸せな家庭に、沙羅という若い女性のゾンビが送られて来た。感情を持たず動きも緩慢な沙羅を、寺本家では使用人として働かせる事にする。志津子は沙羅を気にかけていたが、寺本家の男たちは違った。二人の若い使用人は沙羅を犯し、寺本も沙羅に惹かれていく。ある日、遊んでいた健一が池で溺死してしまう。志津子は沙羅に頼み、健一をゾンビとして蘇らせるが…。



■解説

限りなく増殖し続ける“ゾンビ”という存在。映画人たちを魅了して止まない“ゾンビ”というテーマに、鬼才・SABU監督が新たな解釈で挑んだ。本作に登場するのは、感情や記憶、痛覚は持たないが、限りなく人間に近い存在の“人を襲わないゾンビ”。ゾンビとなった若く美しい女性・沙羅の存在が、幸せに暮らしていた人間たちの本性をむき出しにしていく様が、美しいモノクロの映像で描かれる。ゾンビ・沙羅を演じた小松彩夏の魂の抜けたような演技と、寺本家の妻・志津子を演じた冨樫真の鬼気迫る演技の対比も素晴らしい。本作は、これまで男性を主人公にした映画を作り続けてきたSABU監督が初めて作った“女性映画”でもあるのだ。

  • 2013年9月14日 より ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて

  • 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
  • 製作国:日本(2013)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ホラー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 SABU (Sabu)
脚本 SABU (Sabu)
原案 SABU (Sabu)
製作 熊澤芳紀 (クマザワヨシノリ) 佐竹一美 (サタケカズミ)
プロデューサー 吉田憲一 (ヨシダケンイチ) 宇田川寧 (ウタガワヤスシ)
ポストプロダクションプロデューサー 篠田学 (シノダマナブ)
撮影 相馬大輔 (ソウマダイスケ)
録音 山田幸治 (ヤマダコウジ)
音響効果 渋谷圭介 (シブヤケイスケ)
照明 三善章誉
編集 相良直一郎 (サガラナオイチロウ)
衣裳デザイン 岡本佳子
ヘアメイク 内城千栄子
キャスティング 田端利江 (タバタトシエ)
ライン・プロデューサー 的場明日香
制作担当 堀田剛史
助監督 塩崎遵 (シオザキジュン)
スクリプター/記録 村松愛香
特殊メイク 石野大雅 (イシノタイガ)

■キャスト

俳優名 役名
小松彩夏 (コマツアヤカ)  沙羅
冨樫真 (トガシマコト)  志津子
大西利空 (オオニシリク)  健一
駿河太郎 (スルガタロウ) 
芹澤興人 (セリザワタテト) 
山内圭哉  
手塚とおる (テヅカトオル) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!